「X-90」「インプレッサ グラベルEX」「ヴォルツ」! 生まれる時代を間違えた個性派SUV8選 (1/2ページ)

「X-90」「インプレッサ グラベルEX」「ヴォルツ」! 生まれる時代を間違えた個性派SUV8選

いま登場したら売れること間違いなしのコンパクトSUVを紹介

 個性派コンパクトSUV……そういう括りで捉えると、今どきなら、行き先で“映える”クルマかどうか……が基準か!? となるのかもしれない。だが、クルマの個性とは決して人の目にどう映るかということだけではないはず。むしろ、そのクルマを選んだ自分自身がその個性をどれだけ楽しめるか? 満足できるか? こそ大事だ。いわば“自分の気持ちに映えるかどうか?”である。今回はそんな視点から、懐かしめのモデルのカタログをピックアップしてみた。

スズキX-90

 まずはスズキのX-90(1995年)。このクルマは筆者の仲間内でも割と“通”なこだわり派に好まれている印象だ。一応中綴じ10ページのカタログは作られていたが、3年少々と発売期間は短かった。初代エスクードのショートボディをベースにしており、ホイールベースは2200mmと共通。

【関連記事】ホンダ「ストリーム」とトヨタ「ウィッシュ」はまるで双子! スリーサイズまで同じ両車の類似点と相違点を振り返ります

スズキX-90画像はこちら

 とはいえ“自映え”ポイントとしては、FRベースの4WDであったことと、2シーターのTバールーフ付きだったことなどで、同様のライバル車が不在だったことでも存在感が際立った。現役当時は欧州市場での人気も高かった。スズキX-90画像はこちら

スバル・インプレッサ グラベルEX

 次はスバル・インプレッサスポーツワゴンに設定されたグラベルEX(1995年)。ベース車に対して車高を高め(最低地上高は185mm)、フロントプロテクターや背面スペアタイヤキャリアでSUVムードを高めたクルマだ。スバル・インプレッサ グラベルEX画像はこちら

 WRC由来の走行性能の高さは魅力で、AT車にはVTD−4WD、MT車にはビスカスLSD付きセンターデフ方式4WDを採用するなど、決して見かけ倒しではないところがスバルらしい。専用カタログは4つ折り。スバル・インプレッサ グラベルEX画像はこちら

トヨタ・ヴォルツ

 トヨタ・ヴォルツはGMとの協業から生まれたモデルで、2002年に発売。北米で生産、輸入された。搭載エンジンは1.8Lの2ZZ-GE型または1ZZ-FE型で後者に4WDモデルも設定していた。トヨタ・ヴォルツ画像はこちら

 実車は非常にレアな存在だったが、トヨタの緻密な設計・評価とアメリカナイズされたおおらかな走り、雰囲気がほどよくバランスし、肩のチカラを抜いて乗っていられるクルマだった。樹脂ボードでフラットになるラゲッジスペースやガラスハッチなど、実用性も高かった。トヨタ・ヴォルツ画像はこちら

三菱パジェロio

 ほかにパジェロ・ファミリーのコンパクトサイズのモデル、パジェロio(1998年)も、手ごろで落ち着いた雰囲気の好感度が高いモデルだった。三菱パジェロio画像はこちら

 写真はそのなかでもレアなソレントと呼ばれるモデルで、イタリア・ピニンファリーナ社がエクステリアや専用内装をデザイン。オリジナルキーホルダー(刻印を除けば確か同じデザインの市販品があった)付きだった。三菱パジェロio画像はこちら