電動車がつまらないなんてウソ! ニスモがイジったノートとリーフの激変っぷりに未来を見た (1/2ページ)

電動車がつまらないなんてウソ! ニスモがイジったノートとリーフの激変っぷりに未来を見た

いち早く電動車にスポーティ仕様を投入した日産

 電動化への関心が急速に高まるなかで、電気自動車(EV)をいちはやく導入したのが三菱自動車と日産自動車だ。このうち、日産リーフは初代からNISMO仕様が追加され、2代目となる現行リーフもNISMOに加えオーテック仕様の選択肢がある。

【関連記事】日産自動車も開発に参加! ニスモのノウハウを注いだデモカー「R35GT-R CRS」の本気度とは

2代目リーフニスモの外観画像はこちら

 日産のハイブリッド車であるe-POWER(イー・パワー)を採用するノートにも、3ナンバー車となるノートオーラにNISMO仕様がある。じつはEVは、そもそもスポーティな乗り味や運転感覚となる素養がある。

オーラニスモの外観画像はこちら

モーターパワー元々の特性がスポーティな走りに仕立てやすい

 まず、動力のモーターはエンジンに比べ大きなトルクを低回転から発生する特徴があり、これによって発進加速が鋭くなる。また、エンジンに比べ100倍近く応答が早くなるので、アクセル操作に対する加減速の反応を素早く得られる。

【関連記事】日産自動車も開発に参加! ニスモのノウハウを注いだデモカー「R35GT-R CRS」の本気度とは

リーフニスモのモーターユニット画像はこちら

 次に、床下に大容量の駆動用バッテリー(リチウムイオンバッテリー)を搭載するため、エンジン車に比べ低重心になる。さらには、その駆動用バッテリーは床下一面に広げて車載されることが多いため、前後重量配分が50:50に近くなる。エコカーとの認識が高いEVや、日産のe-POWERのようなモーター駆動を主体としたハイブリッド車は、スポーツタイプとしての潜在能力が普遍的にあるのである。

 そのうえで、日産は標準車のほかにNISMO仕様を設けることにより、EVでもスポーツ志向の運転を楽しめることを明らかにしてきた。

 元来スポーツタイプとしての潜在能力があるため、NISMO仕様としての出力向上はない。しかし、最高出力や最大トルクの諸元数値に差が無くても、アクセル操作に対する特性を制御プログラムによって調整すれば、わずかなアクセル操作で瞬発力をより高めた運転感覚が得られる。そうした味付けをいっそうスポーティにしたのがNISMO仕様だ。

ニスモモード画像はこちら

レースで得たノウハウが走りの良さに磨きをかける

 当然ながら、足まわりや操舵に対する仕立ては、永年モータースポーツで培ってきたNISMOの知見が活かされ、標準車に比べより反応が素早く、かつ的確な操縦性になっている。単純な表現でいえばやや硬めの乗り心地で、旋回時の車体の動きも抑えられているのだが、路面からの衝撃は素早く減衰する上質さもある。EVやe-POWERは、そもそも運転を楽しませる素養があると説明したが、NISMOになるとそれをいっそう直接的に感じることができる。

オーラニスモの走り画像はこちら

 しかも、アクセルのワンペダル操作もモーター駆動ならではの装備であり、これによって減速でのブレーキングポイントを適切に掴む訓練にも役立つ。アクセルを戻した際の回生の強さと、カーブまでの距離を読み、アクセルを戻す機会を的確に操作できるようになれば、サーキット走行での周回タイムをあげる効果も期待できるだろう。