バッテリーあがりで録画失敗! 大手カー用品店に聞いたドライブレコーダー装着時の対策と注意点 (1/2ページ)

バッテリーあがりで録画失敗! 大手カー用品店に聞いたドライブレコーダー装着時の対策と注意点

この記事をまとめると

  • バカ売れの陰に潜むドライブレコーダー装着の注意点
  • 駐車監視機能付きはバッテリーの消耗に注意が必要
  • 万全の対策としてサブバッテリーの活用がオススメ

日進月歩で高機能化するドラレコの注意すべき問題点とは

 今やクルマを買ったら取り付け必須の装備になっているドライブレコーダー。連日、あおり運転による被害が報道されたことで普及率は急ピッチで高まっている。高画質化に加えて前後録画、夜間撮影などの高機能が搭載されるなど、その進化は止むことを知らない。

ドラレコ装着車のバッテリー上がりの現状を量販店に聞いた

 そんななか、注目を集めているのが駐車中録画や駐車監視機能、パーキングモードなどと呼ばれる機能だ。その名の通り、クルマを駐車しているときにドライブレコーダーのカメラを使って周囲を録画する機能で、車上荒らしやクルマへのいたずらなどを録画することができるため人気となっている。ドライブレコーダー販売

 しかし、駐車中の監視機能を備えているドライブレコーダーを導入する際に、気にかける必要があるのがバッテリー上がりだ。理由は、エンジン停止中にずっとドライブレコーダーが起動(またはイベント発生時に起動)しているため電力を消費してしまう。電源には車両のバッテリーを使っているので、バッテリーが上がると(または極端に電圧が低下してしまう)エンジンが始動できなくなってしまうのだ。自動車のバッテリー

 そのため「駐車中の監視機能は欲しいけど、バッテリー上がりが心配」と考えているユーザーも増えているというので、数多くのドライブレコーダーを販売・取り付けしているA PITオートバックス東雲で、ドライブレコーダーの駐車中の監視機能とバッテリーの関係について話を伺った。

9割以上のユーザーが駐車監視機能付きのドラレコを購入

 まずは、ドライブレコーダーのなかで駐車中の監視機能を備えているモデルを選ぶケースはどの程度なのだろうか? 結論から言うと同店では9割以上のユーザーがドライブレコーダーの基本機能に加えて、駐車監視機能を備えたモデルを選んでいくという。それだけ認知度も高くユーザーのニーズも高まっているようだ。では実際にユーザーは駐車中の監視機能をどのようなシーンで活用しているのかと言うと、売り場担当者がユーザーとのやりとりのなかで調査した使用例のトップは、出先での駐車時だという。例えばショッピングセンターに出かけて買い物や食事をして、数時間後にクルマに戻るというようなシーンを想定しているそうだ。ドライブレコーダーの駐車監視機能

 その間に愛車がいたずらされないかを見守ってほしいと思い、同機能を導入するケースが大半を占めているとのこと。万が一の場合には、ドライブレコーダーの録画映像と駐車場の防犯カメラを組み合わせて犯人や犯行を特定するケースもあるという。

取付ユーザーへの事前レクチャーでバッテリー上がりを回避

 そして、ここからはいよいよ本題であるバッテリーの上がり問題についてだが、同店でドライブレコーダーを購入したユーザーがバッテリー上がりのトラブルに遭ったケースはあるのかと聞くと、そのようなトラブルはほとんど例がないという。その理由はいくつかあるのだが、まずはバッテリー上がりを未然に防ぐ使い方を、店舗側が事前にレクチャーしている点がひとつのポイントになるようだ。立体駐車場

「例えばタワーパーキングのようにつねにクルマが振動しているような環境で、駐車監視機能をオンのまま駐めてしまうとドライブレコーダーが起動し続けてしまい、車両のバッテリーが極端に低電圧になることがあります。このように日常の使い方として注意すべきポイントがありますから、販売時にはお客さまに説明して、バッテリー上がりが起きないように使ってもらうようにしています」とのこと。

煽り運転が問題視されるようになりこぞって装着されるようになったドライブレコーダー。しかし、売れ筋アイテムの駐車監視機能付きモデルでは、バッテリー上がりや劣化を早めることがある。そこで大型量販店にドラレコの取り付け時のポイントとバッテリー上がり対策を伺った。