王道じゃないのに「らしさ」は全開! アウトドアからサーキットまでこなせそうなハズしのSTIコンプリートカー3選 (1/2ページ)

王道じゃないのに「らしさ」は全開! アウトドアからサーキットまでこなせそうなハズしのSTIコンプリートカー3選

この記事をまとめると

  • 走り自慢ばかりじゃないSTIのコンプリートカーの魅力
  • アウトドアでの使い勝手とハイパフォーマンスを両立する
  • 異彩を放つ異色のコンプリートカー3モデルの美点とは

燃費・走り・ルックスの三拍子揃った
STIの激レアコンプリートカー

「XVハイブリッドtS/2016年7月28日~2017年1月22日期間限定/2016年発売」

 GP型XVハイブリッドをベースに、内外装と足まわりを中心にSTIがチューニングしたコンプリートカーのXVハイブリッドtS。エクステリアにはXVハイブリッドの専用色とは異なるオレンジを差し色に使い、コンパクトなクロスオーバーモデルに相応しい、XVらしいポップなイメージを全面に押し出している。もちろん、走りだけではなくさまざまなシーンでの愉しさを追求したモデルであり、STIらしさを感じ取れる走りの良さも一級品。乗り味はもちろんハイブリッドモデルゆえの静粛性も兼ね備えている。XVハイブリッドtS

足元にはブレンボとBBS鍛造ホイールを奢る
オンロード自慢のハイパーSUV!

「フォレスターtS/限定300台/2014年発売」

 4代目フォレスターXT(2Lターボ)をベースに、XVハイブリッドtSと同じSUVカテゴリーでありながらオンロードでの走行性能を重視した快足を持ち合わせているのがフォレスターtSだ。3代目フォレスター(SH型/限定300台/2010年発売)にもtSが設定されたが、4代目フォレスターでは運転支援システムのアイサイトver.2が装備されたことがトピック。フォレスターtSのフロントスタイル

 こちらはXVハイブリッドtSとは対照的に、エクステリアの変更点は控えめながらブレンボ製ブレーキシステムやBBS製鍛造アルミホイールなど、走りに直結するアイテムが多数おごられ、足まわりのみならずECU(エンジン・コントロール・ユニット)やTCU(トランスミッション・コントロール・ユニット)にもチューニングが施され、走りに徹したモデルだ。見た目こそフォレスターだが、その走りはベースモデル以上に磨き上げられ、侮れないパフォーマンスを持ち合わせていた。フォレスターtSのリヤスタイル

画像ギャラリー