安いのに信頼性も十分っていいことだらけ! 純正部品流用チューニング3選 (1/2ページ)

安いのに信頼性も十分っていいことだらけ! 純正部品流用チューニング3選

メーカーが開発したパーツはやはりすごい

 純正パーツと言えば高いクオリティと安い価格であることが多い。しかし、その性能がサーキット走行やカスタムに向いていることは少ない。でも、上位車種のパーツを流用することで、素晴らしい性能を発揮してくれることもあるのだ。

その1:初代86/BRZ パドルシフトとクルーズコントロール

 初代86/BRZは86を例にすると上位グレードがGTとGT Limited。下位グレードがGだった。後期型のAT車ではGにはなにも付かないが、GTとGT Limitedにはパドルシフトとクルーズコントロールが装着されていた。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

クルコンスイッチ画像はこちら

 しかし、なんとステアリングとクルーズコントロールのレバーを入手すればGにも装着が可能。ステアリングのところまで配線は来ているので、GTのステアリングとレバーがあれば、パドルシフトとクルコンを追加できてしまうのだ。こうなると、もはやGTグレードを買う意味はないかも!? と言いつつ、オートエアコン、スマートキーという大きな装備の差はあるのだった……。

パドルシフトのハンドル画像はこちら

その2:R35GT-Rエアフロメーター&12穴インジェクター

 近年のチューニングで一斉を風靡したのがこの組み合わせ。吸入空気量を測定するエアフロは最新モデルほど緻密な計測が可能。過去はフェアレディZ(Z32)のエアフロが大容量に対応できるので、シルビア系などのタービン交換時によく使われた。

 R35用は、その性能とキャパシティの大きさがありつつ、価格も1万円台とリーズナブル。シルビア系などのエアフロではすっかり定番になった。

R35エアフロ画像はこちら

 同時にインジェクターもR35用が定番に。シルビアが現役時代のインジェクターといえば、ひとつの穴からガソリンを噴いていたが、R35用だと12個の穴から噴射する。これによって霧化特性がよくなり、パワーは出るし燃費も良くなるといいことづくめなのだ。

12ホールインジェクター画像はこちら