ハイエースを知り尽くしたプロショップの「CRS」! 量販店じゃなく車種別専門店でパーツ取り付けを依頼するメリットとは (1/2ページ)

ハイエースを知り尽くしたプロショップの「CRS」! 量販店じゃなく車種別専門店でパーツ取り付けを依頼するメリットとは

豊富な経験に裏打ちされたハイエース専門店
ならでは匠技にユーザーからの信頼は厚い

 神奈川県横浜市にある「CRS横浜」は、トヨタ・ハイエース(以下、ハイエース)のカスタマイズ専門店だ(日産キャラバンも扱っている)。オリジナルのエアロパーツやホイールのほか、他社のハイエース用製品の装着まで行っている。このような車種別専門店に作業を依頼するメリットは、取り扱い車種のことを知り尽くしていること。つまりハイエース専門店ならではの手際の良さと、豊富なノウハウがあることを実感することができるのだ。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

ハイエース専門店でカスタム画像はこちら 今回は、パイオニア・カロッツェリアのサイバーナビ「AVIC-CQ912-DC」、2カメラタイプのドライブレコーダー「VREC-DH300D」、17cmセパレート2ウェイスピーカー「TS-C1730SII」の取り付け作業現場に密着した。

作業工程ひとつとっても安心感が高い専門店での施工作業

 カーナビやドライブレコーダー、スピーカーなどの機器は、自動車用品量販店でも装着することはできる。しかし、CRSの作業工程を眺めていると、同じパーツの脱着作業でも安心感がまったく異なるのだ。その理由はなんと言ってもハイエースのカスタマイズ実績だ。たまにしかハイエースの入庫がない自動車用品量販店に比べたら、作業量が圧倒的に多いのは言うまでもない。それゆえ、今回の作業のように内装パネルを取り外すとき、CRSのスタッフはどこに固定用のネジやクリップがあるかを把握しているので、何の躊躇もなく作業を進められるのだ。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

ハイエース専門店でカスタム画像はこちら

 当然のことながら車種によって内装パネルを固定しているネジやクリップの位置は異なる。つまり、慣れないクルマの作業の場合、思わぬところにネジやクリップなどが隠れていることがわからず、取り外すだけでも時間を要してしまう。あってはならないが、もし仮に固定用クリップが破損してしまっても交換は効く。だが引っ張ってみたらネジなどで固定されていて、パネルを破損させてしまう最悪のケースが発生する可能性も否めない。しかし、CRSではクリップの位置などを把握し力を入れるべきポイントを熟知しているため、パネルなどを破損させるリスクも低くなるわけだ。ハイエース専門店でカスタム画像はこちら

使い勝手を損なうことなく満足度の高い施工が期待できる

 今回は純正カメラ(フロント/リヤ/サイド)からの映像を社外品のサイバーナビで映し出せるようにするため、カメラ接続アダプター「データシステムRCA094-TA」を使用した。このようにメーカーが異なる配線キットを迷うことなく接続できるのも豊富な経験があってこそであり、手早くできる。ハイエース専門店でカスタム画像はこちら ちなみにハイエースのようなワンボックスタイプのクルマの場合、例え車両周辺の状況を確認する純正カメラを付けていても、その映像を映し出せるナビ(純正以外は未対応)を装着していないと、車検に適合させるため不格好な大型のガッツミラー(サイドアンダーミラー/直前直左鏡)を取り外すことはできない。ハイエース専門店でカスタム画像はこちら

 しかし、接続アダプター「データシステムRCA094-TA」を使ってカメラからの映像をサイバーナビ「AVIC-CQ912-DC」へ映し出せるようにすることで、ガッツミラーを外しても車検をパスできるようになる。そのメリットはスタイリッシュなるのはもちろん、カメラからの映像でクルマ周辺(周囲)の様子を見ることができるため、安全性を高めることにもつながる(バードビューにも対応している)。ハイエース専門店でカスタム画像はこちら

 メーターパネルに装着するカメラのビュー切り替えスイッチの位置も、あえて右側に配することで、左側のスイッチ取り付けスペースを空けておくことができる。これはなぜかといえば、スイッチスペースに付けるスマホホルダーなどを車両中央側に設置できるようにする配慮からだ。