いま人気のディスプレイオーディオでも音を追求できる! プロが教える3ステップのお手軽カスタム (1/2ページ)

いま人気のディスプレイオーディオでも音を追求できる! プロが教える3ステップのお手軽カスタム

人気の純正ディスプレイオーディオだがDIN非対応なのがネック

 かつてはクルマのオーディオがDINサイズという規格で統一されていたため、外して市販品に交換するのも容易だった。だが、「ディスプレイオーディオ」が増えた今は、オーディオを外すだけでクルマが動かなくなることもあり、市販品への交換は困難になっている。もちろん専門店では市販品への交換を可能にしているが、DINサイズではない純正部分を加工して市販品を取り付けたりするので、費用面ではお手軽とは言えない。

 では、純正ディスプレイオーディオが装着されているクルマは、オーディオのグレードアップを望めないのか。そんなことはない。お手軽なスピーカー交換をはじめ、いくつか方法はあるので順を追って説明していこう。

ステップ1:まずはスピーカーを交換してみる

 純正ディスプレイオーディオには一切手を加えず、スピーカーを交換してグレードアップを図るのがもっとも手軽な方法だ。「トレードイン」や「カスタムフィット型」というスピーカーなら、お乗りの車種にフィットするモデルを選べば装着は簡単。ドアパネルなどを外すスキルがあれば、D.I.Y.でも交換できる。ただし、最近のクルマは自分でドアパネルを外すと保証外と言われるケースもあるため、量販店でもいいのでお店に任せたほうが無難だろう。

量販店で売っているカスタムフィットタイプのスピーカー画像はこちら

 トレードインタイプのスピーカーは1万円代から5~6万円代のものまで多数あり、予算に応じて選べばいい。高価なものほど、音質や分解能力が高まるのは確実だが、1万円代のモデルでも、純正スピーカーに比べれば格段に音質が向上する。ただし注意したいのは、音の帯域バランス。純正システムは、純正スピーカーで鳴らすようあらかじめイコライザーで補正しているため、スピーカーを交換すると帯域バランスが崩れて、音が変になる可能性がある。

 そのため、スピーカーを交換したら必ず「RTA(リアルタイムアナライザー)」で周波数特性を測って、フラットな特性に近づけることが重要。おそらく純正システムにも何らかのイコライザー的機能があると思うので、これを使えばいい。RTAを測定するには、無料のスマホアプリが多数存在するのでそれを利用すればいいし、測定時に必要なピンクノイズは筆者が昨年末に出した「カーオーディオパーフェクトセオリーブック5」(芸文社)の付属CDにも収録されている。

スマホ用のRTA測定アプリの例(Google Play)画像はこちら