備えすぎるぐらいがちょうどいい! 初サーキットでやらかさないための準備とは (1/2ページ)

備えすぎるぐらいがちょうどいい! 初サーキットでやらかさないための準備とは

この記事をまとめると

  • 緊張と不安に苛まれる初めてのサーキット走行の心得
  • 予め持ち物リストを作成して忘れ物がないように準備する
  • 余裕があればコース図やフラッグを予め予習しておきたい

前日までにタイヤとブレーキパッドの予備を準備しておく

 まずはクルマのメンテナンスに関してから。タイヤとブレーキパッドの残量チェックやパーツの手配を考え、どんなに遅くとも1週間前には確認しておきたい。いずれも半分くらい残っていれば問題ないと思われるが、ビギナーほど酷使して摩耗させやすいのも事実なので、不安なら純正でも構わないのでスペアを持って行きたい。続いて2~3日前までを目安にオイル交換やブレーキフルードのエア抜き、必要があればクーラントの補充もしくは交換も忘れずにやっておくこと。ココまで済ませればサーキットに到着してからは給油、そしてタイヤの空気圧を合わせるくらいで十分なはずだ。Sタイヤの溝

忘れ物がないようにチェックリストを
作成して持ち物を準備する

 続いては持ち物だ。ヘルメットやグローブは忘れたら走行できなくなる場合もある必須の装備である。予備の油脂類やブレーキパッドやタイヤ、簡単な作業をするためのジャッキや工具類、なにかと使い道の多いテープ類やタイラップ、さらに着替えや万が一に備えての健康保険証などが必要。忘れないよう、自分なりのチェックリストを作れば便利だ。サーキット走行の持ち物リスト

 当日は受け付けに遅刻しないよう余裕を持って出発し、到着してゼッケンや計測器を受け取ったら車両の準備に移る。タイヤの空気圧を調整したりホイールナットの増し締め、走行中に不要な荷物をクルマから下ろしておきたい。走行会ではピットの使用が有料であったり、そもそも使えないことが大半なのでテーブルやイス、突然の降雨で荷物が濡れないようにブルーシートや大きめのレジャーシートを用意しておくと便利である。

サーキットを嗜む人にとって初のサーキット走行は誰もが通過してきた儀式。みな緊張に苛まれ、なかには失敗した人もいるだろう。そこで大切なのが準備。タイヤやパッドの残量チェックや予備パーツの手配、さらにコース図を予習しておくことで余裕が生まれ、緊張が少しはほぐれるはずだ。