なんでもかんでも旧車の中古価格高騰……かと思ったらアレ? 当時人気すぎて普通に買えるネオクラ国産車3選 (1/2ページ)

なんでもかんでも旧車の中古価格高騰……かと思ったらアレ? 当時人気すぎて普通に買えるネオクラ国産車3選

この記事をまとめると

  • 国産車の高性能化が進んだ1990年代初頭に登場したヒットモデル
  • 大衆車であり大ヒットしたがゆえに希少性がなく中古車価格は安定
  • 希少価値はなくても平成の大ヒットモデルと言える3モデルとは

欧州でも高い評判を誇った希代のコンパクトカー

「日産マーチ/K11型・1992年発売」

 日産のベーシックカーとして長らくボトムラインを支え続けてきたマーチ。2代目となるK11型は1992年に登場し、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するほどの高い評価を集めただけでなく、海外でも「マイクラ」の車名で親しまれ、日本車としては史上初となる欧州カー・オブ・ザ・イヤーも受賞した稀代の名車である。K11型マーチ

 またベーシックカーとしてだけでなく、モータースポーツのベース車としても親しまれ、ワンメイクレースの「マーチカップ」を筆頭にさまざまなカテゴリーで活躍していた。そんな2代目マーチではあるが、一部のコンプリートカーやチューニングカーを除けば、車両価格10万円台から見つけることができる。さすがにそのまま乗れる年式ではないが、欧州でも大ヒットしただけにパーツは豊富で、安いベース車を購入してコツコツ直しながら楽しむにはうってつけだろう。

FFボーイズレーサーとして人気を博した“青春のスターレット”

「トヨタ・スターレット(EP8♯系・1989年発売)」

 日産マーチのライバル車として、長らくしのぎを削っていたトヨタ・スターレット。リッターカーとしてのキャラクターも持っていたマーチに対し、スターレットは1.3リッタークラスの車種としてやや上級なポジションとなっていた。そんなスターレットもマーチと同じくモータースポーツシーンでも愛された1台であり、ホットモデルのターボだけでなく、NAモデルをベースとしたワンメイクレースが実施されていたことを記憶している人も少なくないハズだ。EP82型スターレットGT

 さすがにFR時代のKP61やFFの初代であるEP71、その後継であるEP82はタマ数も少なく状態のよいものはプレミア価格化しているが、最後のスターレットであるEP91型についてはまだまだ安価で購入できる車両も存在している。こちらもターボの低走行車は高値となってしまっているが、実用グレードのルフレ系であれば10万円台から中古車が存在しているという2極化が進んでいるようだ。

画像ギャラリー