いまじゃ考えられないライバル車への挑戦状! カタログでマジバトルを繰り広げたセリカ vs スカイライン (1/2ページ)

いまじゃ考えられないライバル車への挑戦状! カタログでマジバトルを繰り広げたセリカ vs スカイライン

この記事をまとめると

  • 昭和のライバル関係の代表格は日産スカイラインとトヨタ・セリカ
  • 両車を意識してパワーアップやターボを追加していった
  • カタログのキャッチコピーでは完全に意識したものもあった

スカイラインとセリカといえばアイドルのような存在

 そんな昭和のライバル車の代表例といえば、セリカとスカイラインが思い浮かぶ。厳密に言えばスカイラインは1957年のプリンス時代に登場した初代が最初であり、片やセリカは初代の登場は1970年のこと。従って年長者の敬意を表わすならスカイライン、セリカという順序になる。いずれにしろセリカが登場して以降、この時代のクルマ好きにとって、スカイラインとセリカといえばアイドルのような存在だった。トヨタ・セリカ

 で、時代考証的にいうと、初代セリカの登場を追って1972年にC110型4代目スカイライン、通称ケンメリが登場すると、このライバル同士の動向が注目されはじめる。日産スカイライン

 写真のカタログはセリカが1976年、スカイラインが1977年とそれぞれの最後期型のものだが、スカイラインは“S54B対ポルシェ904の激闘”“GT−R不滅の記録50連勝を達成”“羊の皮を着た狼、スカイラインGT−B”や、スカイラインの命名者が桜井真一郎氏だった話などを載せ、それまでの“スカイラインの神話”を伝えている。日産スカイライン

 一方でセリカも、1973年に西ドイツのニューブルクリンク・ツーリングカーGP(カタログの表記を転載)で総合6位、クラス優勝をものにした話やラリーでランチア・ストラトスと競った話、レーシングドライバー高橋晴邦氏のコメントなど、こちらもレース、ラリーでの栄光が語られている。トヨタ・セリカ

 なおこのときの両車の搭載エンジンは、セリカ2000GTがソレックスツインの2L 4気筒DOHCの18R-GU型で130ps/16.5kg-mの性能、スカイライン2000GT-E系がEGI仕様の2L 4気筒OHCのL20型で130ps/17.0kg-m。拮抗したスペックをもっていた。

トヨタ・セリカと日産スカイラインはGTの性能競争でクルマ好きの心掴んだ。とくに1970年代後半からは「走り」について、自動車媒体で撮り上がられるようになり、スペックが重視された。それはカタログでも強調され、ライバル車を意識したキャッチコピーもあったのだ。