雨天に嬉しい「かさ収納ポケット」! 虫除け「オニヤンマシール」! 愛工房の「貼るだけアイテム」がスゴイ (1/2ページ)

雨天に嬉しい「かさ収納ポケット」! 虫除け「オニヤンマシール」! 愛工房の「貼るだけアイテム」がスゴイ

この記事をまとめると

  • 愛工房からスズキ・ジムニー用の新製品が登場
  • 「かさ収納ポケット」「オニヤンマグッズ(虫よけシール)」「リアバンパー用プロテクター」の3つが発売
  • 3つの製品はどれも取付が簡単でコストパフォーマンスに優れている

【ジムニーJB64/JB74W用 かさ収納ポケット】

 これからの季節、気になるのが雨の日の傘問題。車内の限られたスペースのなかでどこに置くか……非常に悩ましい。びしょびしょに濡れたまま助手席や後席の足元に置くと、雑菌の繁殖や匂いの原因となる。ホームセンターにはシートに引っ掛けるアンブレラホルダーは発売されているが、いずれにしても畳んで収納するまでに車内が濡れてしまう。

 なにかいい方法はないか? 愛工房の天野信昭社長は、インスタグラムを見てヒントを得たという。「運転席と助手席のドア下に針金で固定しているのを見て、これなら似たようなものが作れるかもって思いました。ただ、使ったあとのことも考えると袋状が良いかなと考えまして、今回の製品化に繋がりました」と天野社長。かさ収納ポケット

 そこで天野社長はポリエステルを使用し、かさ収納ポケットを製作。ジムニーのドアは、内側の樹脂パーツの下は鉄板がむき出しとなっているため、そこにすっぽりと収まるようにマジックテープで貼り付けるだけとお手軽だ。かさ収納ポケット

 取り付け方法は、樹脂パーツの部分と、鉄板の部分を十分に脱脂してからマジックテープの両面テープを剥がし、貼るだけ。工具や熟練の技など必要なく、3分程度で装着できる。なお、マジックテープは、業務用のテントなどで使われている素材なので耐久性、防水性抜群(ただし、完全防水ではない)だ。かさ収納ポケット

「70cmの傘まで入るように設計しています。取り付けはマジックテープなので、ホルダーに溜まった雨水は外して捨てることができます。そのまま干すこともできるようにしました」と天野社長は話す。かさ収納ポケット 傘を収納した状態で見ると、まるでここに置いてくださいと言わんばかりに、内装の樹脂パーツが切り込まれていて、取っ手がうまく収まる形になっている。収納したままドアを開閉できるのも嬉しい。インスタグラムをきっかけに、知恵とアイデアから生まれた「かさ収納ポケット」の価格は1万5000円(送料込み)だ。※運転席助手席の2個セット料金

かさ収納ポケット

画像ギャラリー