HREのタンドラは第11戦でも苦戦……それでもパーディ選手は今季最高位を獲得【NASCARトラックシリーズ2022】 (1/2ページ)

HREのタンドラは第11戦でも苦戦……それでもパーディ選手は今季最高位を獲得【NASCARトラックシリーズ2022】

この記事をまとめると

  • 唯一の日本人オーナーチームとしてナスカーに参戦するHRE
  • 6月4日に開催されたナスカートラックシリーズ「Toyota 200」をリポート
  • アンクラム選手は13位、パーディ選手は10位でフィニッシュ

アンクラム選手は13位でフィニッシュ

 そして迎えた第2ステージでは、ステージチェッカーが70周目であったが、HREチームはその直前の62周目に出されたイエローコーションでマシンを呼び戻す作戦を実行。しかし、ピットロードでの安全違反を犯し、16号車は最後尾まで下げられることとなってしまう。その後のリスタートでアンクラム選手はスタートダッシュを見せ第2ステージを26位でフィニッシュした。

Hattori Racing Enterprises(HRE) 78周目に迎えた最終ステージ。20番手からスタートした16号車は14番手までポジションを上げ、94周目にタイヤ交換のためのピットイン。その後もリスタートをうまく使って、130周目には9番手までポジションを上げていく。しかし、157周目にイエローコーションが出され、レースはオーバータイムに突入。そこで燃料システムの警告灯が点灯した16号車は、確認のためにピットに戻らねばならず、21番手にまでポジションを落としてしまうが、その後リカバーを行ったアンクラム選手は13位でこのレースを終えた。

Hattori Racing Enterprises(HRE)

画像ギャラリー