世界でたった2台のレア車が189億円で落札! 驚きの値を付けたメルセデス300SLRウーレンハウト・クーペとは (1/2ページ)

世界でたった2台のレア車が189億円で落札! 驚きの値を付けたメルセデス300SLRウーレンハウト・クーペとは

落札収益を環境科学や脱炭素の分野で研究・教育を行うための基金設立に充てる

 さる5月5日、RMサザビーズが行ったオークションで1台のクルマが、個人コレクターによって1億3500万ユーロ(約189億3375万円)で落札されたことが話題になりました。この金額は、クルマの落札額としては、2018年にフェラーリ250GTOが記録していた5200万ポンド(当時の邦貨換算で約76億円)の2倍以上となる史上最高記録を塗りかえることになりました。新たな記録となったモデル、メルセデス300SLRウーレンハウト・クーペってどんなクルマなんでしょうか?

F1マシンをベースにスポーツカーレース用に開発された最強の1台

 300SLRはダイムラー・ベンツがレース用に開発し、1955年のスポーツカー世界選手権に参戦していたレースカー(レーシングスポーツ)。ベースとなったのは前年、1954年のF1世界選手権(F1GP)でシーズン中盤に登場したF1マシンのW196でした。

【関連記事】3座シートのスーパーカーはマクラーレン「F1」だけじゃない! 70年代に登場したマトラ「シムカ・バゲーラ」とは?

メルセデスベンツW196画像はこちら

 W196は、デビュー戦となったフランスGPでファン・マヌエル・ファンジが即優勝を飾ると、このシーズンは都合6戦4勝、マセラティでスポット参戦した2戦での優勝も含めてファンジオは1951年以来のチャンピオンに輝きました。だた、翌1955年のF1GPでもインディ500マイルを除いて参戦した全6戦中4勝を挙げ、2年連続3度目のチャンピオンに輝いています。メルセデス・ベンツW196画像はこちら

 F1マシンというとタイヤ4本がむき出しになったスタイルがイメージされますが、W196は当初、ストリームラインと呼ばれるレーシングスポーツのように4本のタイヤをカバーしたスタイルで登場。3レース目のドイツGPでフォーミュラタイプのカウルを纏った仕様がデビューしています。(写真はフランスGP)

メルセデス・ベンツW196画像はこちら

 じつはストリームラインではコース(の境界線)を確認しづらいという弱点があり、イギリスGPではファンジオも、コースの境界線を示すパイロンをいくつも跳ね飛ばした、とも伝えられています。ともかく、そんな歴史的な名車となったW196をベースに開発された、1955年シーズン用のレーシングスポーツは形式名としてはW196Sと呼ばれるようになりました。メルセデス・ベンツW196S画像はこちら

 ただし一般的にはW196Rはそれまで通りW196と呼ばれ続けていましたが、W196Sは300SLR(300はエンジン排気量の3Lを表し、SはSport、LはLeicht リヒト=軽量、RはRennwagen レンヴァーゲン=レーシングカーを意味する)と呼ばれることになりました。メルセデス・ベンツW196画像はこちら

 W196Sは都合9台(シャシーナンバーは1号車から9号車が欠番で10号車まで)が製作されました。このうちの2台、シャシーナンバーでいうと7号車と8号車が屋根付きのクーペで、製作を統括したルドルフ・ウーレンハウトの名をもじってウーレンハウト・クーペとも呼ばれるようになっています。メルセデス・ベンツ300SLR画像はこちら

 300SLRのシャシーは細身のパイプで組まれた鋼管スペースフレームに前後とも独立懸架式のサスペンションを取り付けたもので、フロントはダブルウィッシュボーン式、リヤはスウィングアクスル式でともにトーションバー・スプリングで吊っているのが大きな特徴となっていました。メルセデス・ベンツ300SLR画像はこちら

 サイズ的にはホイールベースが2370mmで、これはW196Rのロングホイールベース版(2350mm)もさらに長く、トレッドも1330mm/1380mmとW196Rとは少しずつ異なっていました。ブレーキはドラム式でしたが、ホイールに収まらないほど大径化させた結果、インボードにマウントされています。メルセデス・ベンツ300SLR画像はこちら

 W196Rとの最大の違いは、スポーツカーレースに参戦するために単座から2シーターへの変更でした。搭載されたエンジンは、W196Rと同様に直列4気筒ユニットを直列に2基繋げ、M196を名乗る直列8気筒のツインカム16バルブ。長いクランクシャフトの捻じれを防ぐ意味から、パワーの取り出しはクランクシャフトの後端ではなくクランクシャフトの中央部分から取り出すスタイルも踏襲されていました。メルセデス・ベンツ300SLR画像はこちら

 W196Rに搭載されていたものが排気量2496cc(76.0mmφ×68.8mm)から290psを絞り出すのに対して、こちらは2979cc(78.0mmφ×78.0mm)から310psを引き出していました。ちなみにエンジンの搭載位置はフロントアクスルの後方、いわゆるフロントミッドシップのレイアウトです。

 また車名がよく似ていて、一部でメルセデス・ベンツ300SLのレース用エボリューションモデルが300SLRとの認識間違いもあるようですが、300SLRと300SLとは、設計上もメカニズム的にもまったくの別モノです。