新型ステップワゴンは福祉車両にも注目! 介助者のことまで考えたこだわりっぷりがスゴかった (1/2ページ)

新型ステップワゴンは福祉車両にも注目! 介助者のことまで考えたこだわりっぷりがスゴかった

乗る人すべてが安心して移動できるクルマづくり

 2022年5月末に、ホンダの新型ステップワゴンが発売されました。先代ステップワゴンから大きくデザインを変更し、まるで初代に立ち返ったような、四角くてシンプルなフォルムやその使い勝手の良さから話題を呼んでいます。新型ステップワゴンのコンセプトは、「素敵なくらし」。乗る人たちすべてが快適に過ごせる、そして安心して移動できるクルマづくりをしてきたそうです。

 そこで今回注目したのは、「福祉車両」。福祉車両とは、身体の不自由な方や高齢者が自由に移動できるように設計されたクルマのこと。ステップワゴンでは、福祉車両を必要とする方にも、より安心で自由なクルマを提供しようと開発を進めてきたそうです。今回は、この福祉車両の機能や使い勝手を紹介していきたいと思います。

【関連記事】「やるぜ!! 箱根ターンパイク2022」開催! 計画より8年前倒しで実現したパラモトライダーと一緒に走るツーリングに密着

初代のスタイルに原点回帰したステップワゴン画像はこちら

福祉車両でもホンダ車のデザインは妥協しない

 ステップワゴンには、2種類の福祉車両があります。車いすをそのまま搭載できる「車いす仕様車」と、2列目シートが電動で昇降する「サイドリフトアップシート車」です。これらの車両を外から見てみると、ノーマルの「スパーダ」とほとんどデザインの違いはありません。これはほかのホンダ車の福祉車両でも同様なのですが、開発者の意向で「福祉車両でもホンダ車の素敵なデザインを楽しんでもらえるように」という思いが込められているそうです。

左が車いす仕様、よく見るとテールゲートの下端位置が違う程度画像はこちら

 とくに車いす仕様車は、スロープを出すためにテールゲートやリヤまわりのデザインが変更されているのですが、通常のスパーダと並べて見ても、その違いはほとんど分かりません。こういったところにも、乗る人すべての自由を考えるステップワゴンのコンセプトが反映されているのですね。

左が車いす仕様画像はこちら