ECUチューンだけで100psアップも可能! チューニング業界で注目を集める日産スカイライン400R人気の理由とは (1/2ページ)

ECUチューンだけで100psアップも可能! チューニング業界で注目を集める日産スカイライン400R人気の理由とは

この記事をまとめると

  • 日産スカイラインの高性能グレード「400R」
  • 405psを発生するV6ツインターボエンジンを搭載
  • ECUチューニングで500psまでアップできる

じつは以前にも存在していた「400R」

 スカイライン400Rの元ネタをご存じない方のためにあらためて解説しておくと、元ネタはNISMOのコンプリートカー「400R」。R33GT-RをベースにNISMOが製作した伝説のコンプリートカーで、馬力は自主規制で280psに抑えられていた時代に、日産自動車ではなくNISMO製作ということで、400psに仕立てて登場させたのだ。

ニスモ400R

 そんな伝説のネーミングを復活させたのがスカイライン400R。セダンだし、4WDでもないし、共通点はあまりないが、405ps/475N・m(48.4kgf・m)という驚愕のスペックは、たしかに400Rを名乗るだけの理由が十分にある。そして、その俊足セダンであるスカイライン400Rが人気を集めているのだ。

 このエンジンユニットはVR30DDTT。吸気側に電動VTCシステムを装備して可変バルブタイミングが可能だ。燃料は直噴で燃焼室に直接噴射することで、高圧縮比化を達成している。日産として国内では初となる水冷式インタークーラーを採用し、吸気温度の安定化を実現。タービンには回転センサーを装備することで、そのポテンシャルをフルに引き出し、小型でレスポンスに優れながら405psを可能としている。

VR30エンジン

ECUチューンで500psを狙える

 そして、現在のところECUチューニングが可能だ。いわゆるブーストアップができる。目安はだいたい500ps。つまりチューニングでサクッと“500R”になってしまうのだ。これはチューニング界が放っておくわけがない。

 しかし、500psが可能だからといって、もっと上げるのはちょっと難しい。理由はインジェクターにある。直噴は燃焼室に直接噴射する。その噴射する場所などがかなりシビアで、ポート噴射インジェクターのように簡単に大容量インジェクターに交換できない。現状では大容量の直噴インジェクターは存在しない。そのため、ノーマルのインジェクターの限界が、出せるパワーの限界になってしまう。ピストンやコンロッドをいくら強化してもパワーを出しきれないのだ。

 サーキット専用車なら追加インジェクターを打つ手もあるが、ストリートカーとしてはその管理は難しく、漏れたときのリスクなども考えると現実的ではない。

 とはいえ、どうみてもフツーのセダンが、ちょちょいとECUをいじると500psである。ひと昔前なら夢のような話である。R32/33/34GT-Rに採用されたRB26DETTで500psを常用しようと思ったら、かなりのコストが必要。そのあともメンテナンスや油脂管理など結構シビアな面も出てくる。それが簡単にできてしまうのである。

スカイライン400の走り(リヤ)

日産スカイラインに設定されている高性能グレードが400Rだ。V6ツインターボに専用チューニングを施したことで405psを実現し、気持ちいい走りを味わわせてくれる。そして、チューニングを施せばさらなる速さが手に入るということで、チューニング業界でも注目を集めている。