ワーゲンは女性も若者も気軽に乗れる身近なクラシックカー! 愛車の前でのんびり過ごすスワップミートが開催 (1/2ページ)

ワーゲンは女性も若者も気軽に乗れる身近なクラシックカー! 愛車の前でのんびり過ごすスワップミートが開催

この記事をまとめると

  • クラシック・フォルクスワーゲンのスワップミートが開催
  • 油壷温泉キャンプパークでのイベント風景をリポート
  • 女性オーナーや若者オーナーのVWの楽しみ方を紹介

カリフォルニアのような陽射しの海辺でスワップミート

 5月29日(日)に神奈川県三浦市の京急油壺温泉キャンプパーク(神奈川県三浦市)にて、クラシック・フォルクスワーゲンのオーナーたちによるスワップミート「Vee-Dub Seaside Market」が開催された。スワップミートとは、部品交換会と呼ばれることもあるが、クルマやバイクのファン同士によるフリーマーケットのこと。

駐車スペースの前を使ったフリマのようなもの

 この日のイベントでは、エントリーしたVWは駐車スペースの前のちょっとしたスペースを利用して、パーツやアクセサリー、グッズから、クルマとは関係ないアパレルや雑貨まで、思い思いのアイテムを展示。さらに大きなブースやVW専門ショップも軒を連ねた。ちょうど夏がひと足早く訪れたかのようなピーカンの晴天と海辺のロケーションが相まって、参加したVW乗りたちはアメリカ西海岸のような雰囲気の休日を楽しんだのだった。

より大きなブースも用意された

かわいいワーゲンは女性やお子さまにも人気

 スワップミートの一画でカラフルなブースを出展していたのは、千葉県八千代市のアメリカン雑貨ショップ「935STAR」の田中愛乃さん。こちらでは興味深い試みとして、お気に入りの写真データをもとにオリジナル加工して、ノスタルジックで絵のような風合いのアートフレームに仕上げるサービスを提供。もちろんクラシックカーとの相性も良さそうだ。

アメリカン雑貨ショップ「935STAR」

 ビートル乗りの女性もお子さんと参加。佐々木綾子さんはこのビートルをかれこれ15年も愛車としていて、同じVW乗りのご主人ともクルマがご縁。4歳になった愛娘の結ちゃんと一緒に油壷までエントリーし、ホットな休日をエンジョイしていた。ちなみにご主人の満さんが営む「AND1 DETAIL」はクルマの磨き&コーティング専門店で、クラシックカー乗りの間では有名なショップである。

佐々木綾子さんと結ちゃん

 VWのパーツ以外の雑貨を並べるブースも多いとはいえ、みんなクラシックカーやカリフォルニアのカルチャーが好きという価値観は共通している。そのため、それぞれが意外な出会いを楽しんでいたようだ。かくいう筆者も70年代のカセットレコーダーをジャンク品で買ってしまった。

スワップミートといえばラジオフライヤー

画像ギャラリー