ガサツで鈍感な人は運転できない! 愛車への労りと五感の研ぎ澄ましがカギになる旧車との付き合い方 (1/2ページ)

ガサツで鈍感な人は運転できない! 愛車への労りと五感の研ぎ澄ましがカギになる旧車との付き合い方

この記事をまとめると

  • 旧車の運転は五感を研ぎ澄ますような走りが求められる
  • 現代のクルマとは違い旧車は運転の本質が理解できる!
  • ときにはクルマとの対話も可能になる旧車との付き合い

旧車を運転するには五感を研ぎ澄ますことが求められる

 第六感を含めた五感をフル活用した運転テクニックは、何を隠そう旧車に乗る際に必要不可欠なことなので、筆者はほぼ毎日実践している。現代のクルマをドライブするときにも、周囲の様子を認知するための視覚と、車外の音からさまざまな交通状況を判断するための聴覚を駆使する必要がある。 旧車では、視覚で周囲の様子のみならず計器類が正常な数値であるかも確認し、聴覚で車外の音だけでなく車体から発生する異音のあるなしも、つねに見極めなくてはならない。さらに嗅覚でガソリン臭などのヘンなニオイがしていないかを感じ、触覚でステアリングギヤボックスやシフトリンケージなどのガタつき具合を判断する必要がある。旧車のMTシフトレバー操作

画像ギャラリー