思わずアクセルを緩めるほどキョーレツ! 高性能過ぎる走りが半端ないほどヤバかった国産車5選 (1/2ページ)

思わずアクセルを緩めるほどキョーレツ! 高性能過ぎる走りが半端ないほどヤバかった国産車5選

優等生がいきなり豹変!? ジキルとハイドな
いい意味でヤバかったクルマとは

 自動車ライターという仕事柄、これまでに沢山の新型車を試乗してきたが、いい意味で強烈な印象を残してくれたヤバいクルマがある。それはスターレットやミラージュ、シビックなどのいわゆるホットハッチから、FC3S型RX-7や70スープラなどが登場した’80年代にもヤバいクルマは沢山あった。だが、ここでは’90年代以降にデビューした度肝を抜く高性能ぶりが際立った3モデルに加えて、素晴らしいクルマだったけどクセが強すぎた2モデルを紹介しよう。

アンダーステアとは無縁のコーナリングマシン

「ホンダ・インテグラタイプR/DC2型/1995年発売」

 とにかく衝撃的だったのがDC2型インテグラタイプRだ。ホンダのタイプRとしてはNSXに続いての登場となった初代インテグラタイプRは、それまでのVTECエンジン搭載モデルとはまったくの別物で、これほど気持ちよく曲がるFF車は初めてであり、アンダーステアとは無縁であった。エンジンはとにかく気持ちよく吹き上がり、運転していてとにかく飽きることなく、あまりの楽しさに一晩中都心を走り回ったことを覚えている。

【関連記事】20代男子、トヨタ「ランドクルーザー70」を買う! 4WD一家の娘さんと交際して「ランクル沼」にはまって開眼

DC2型インテグラタイプRの走り画像はこちら

 ある意味で暴力的になるB18C型96spec.Rエンジン(最高出力200ps/8000rpm、最大トルク18.5kg-m/7500rpm)を搭載。8000rpmまで一気に吹き上がるエンジンと、ハイスピード時に性能を発揮するサスペンションはただただコーナーを攻めるだけで楽しく、ホンダがタイプRに注ぎ込んだ本気の賜であった。B18C型直列4気筒DOHCエンジン画像はこちら

コーナリング時の横Gすらも気持ちよかった!

「マツダRX-7タイプRZ/FD3S型/1992年発売」

 続いてはマツダのFD3S型RX-7タイプRZだ。このクルマの印象は2シーターのスパルタンさと、試乗中に出血したことが忘れられない思い出になっている。試乗から帰ってきて気が付いたのだが、臀部の皮がめくれてしまい少量だが出血していのだ。理由は強烈な横Gで少し身体が浮いたときにできたのだろう。FD3S型RX-7タイプRZの走り画像はこちら

 こんな経験は後にも先にも初めてで、とにかく切れ味が鋭すぎるハンドリングが素晴らしかった。ただ、誤解されたくないのは攻めた走りを追求したワケでなく、レカロ社と共同開発したフルバケットシートが標準装備されていたのだが、それでも身体を支えきれないほど鋭い運動性能を持ち合わせていた。RZのバケットシートなど画像はこちら

第二世代のエボとして生まれ変わりAYCも初搭載

「三菱ランサーエボリューションⅣ/CN9A型/1996年発売」

 第一世代のランエボ(Ⅰ〜Ⅲ)から大幅に進化したランエボⅣも強烈なインパクトを残したくれたモデルだ。筆者はランエボⅢのオーナーであったのだが、その進化ぶりには自分の愛車との違いに嫉妬したほど。また、プロドライバーによるテスト走行で高速周回路を走らせても、パワフルさを失うことがない冷却性能の高さも誇っていたし、ランサーのモデルチェンジにともないランエボⅢから内外装を大きく刷新。ランサーエボリューションⅣの走り画像はこちら

 エンジン搭載位置の変更やAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)の採用によって、リヤの駆動力が大幅に高められるなど、ランエボがあることを前提に作られたモデルであったことからその進化の幅に驚きを隠せなかった。AYCの内部構造画像はこちら