近所のお買い物だけなら文句ナシ! 高齢者こそ手軽に乗れる軽EVがオススメな理由とは (1/2ページ)

近所のお買い物だけなら文句ナシ! 高齢者こそ手軽に乗れる軽EVがオススメな理由とは

この記事をまとめると

  • 軽自動車EVの日産サクラと三菱eKクロスEVが発売された
  • コンパクトなボディサイズで高齢者の運転にも向いている
  • 補助金を使えばガソリン車と同等の価格で購入できて経済的

補助金を使えばガソリン車の軽自動車と同価格帯に

 発表となった日産サクラと三菱eKクロスEVは、価格が約240~295万円で、上級のガソリンターボ車でも約180万円と、これまでの軽自動車価格帯からすると、なお高めであるのは事実だ。しかし、この2台の軽乗用EVは、それぞれ55万円の補助金対象となるので、実質的な支払額は180万円台の半ばからと計算でき、軽自動車価格の仲間入りができるようになってきた。

サクラのイメージカット

 最上級グレードのガソリンターボ車と廉価車種の軽乗用EVとの比較が公平であるかどうかに議論はあるだろう。だが、動力性能に限れば、日産サクラと三菱eKクロスEVの最高出力はガソリンターボエンジンと同じであり、最大トルクは約2倍にもなる。ガソリン車の廉価車種に搭載される自然吸気エンジンとは格段の性能差だ。

ワンペダル方式のアクセル操作に慣れれば自在に操れる

 リチウムイオンバッテリーを床下に搭載し、前後重量配分も均等に近づけられるEVの操縦安定性は、より高度になる。静粛性や重厚な乗り心地はガソリン車の比ではない。WLTCでの一充電走行距離は180kmだが、長距離移動での疲れは少なく、前後の席での同乗者との会話も弾むだろう。

バッテリー

 そのうえで、モーター駆動の常だが、ワンペダル式のアクセル操作は、ペダル踏み替えの機会を減らし、踏み損ないや踏み間違いによる事故の懸念を軽減させる。エンジンの1/100とさえいわれるモーターの応答のよさは、わずかなアクセルペダルの踏み込みでの速度調節がしやすいため、手の内にあるという運転感覚も実感できるだろう。

ワンペダル操作イメージ

 自宅で普通充電すれば、ガソリンスタンドへ出向く必要がない。給油のための余計な外出による事故との遭遇といった心配も和らぐ。セルフでの給油が苦手という人にも、自宅での充電は揮発油の臭いもなく、安心して行える。雨が降っても感電しないための安全策は、十数年前の初代リーフから実証済みだ。

画像ギャラリー