純正アクセサリーも豊富でまさに安ウマ! ホンダN-VANは外遊びにピッタリな1台だった

純正アクセサリーも豊富でまさに安ウマ! ホンダN-VANは外遊びにピッタリな1台だった

軽キャンパーのベース車としても人気

 新車で約130万円からという価格にして、かぎりなく室内、ラゲッジルーム大容量の1台が、ホンダの軽自動車、N−VANだ。4ナンバーの軽バンというと、ひとによってはいささか抵抗があるかもしれないが、働くクルマのグレードとともに、+STYLEシリーズの一般ユーザーでも手を出しやすい、少しスタイリッシュな上級グレードも用意されているのである。軽キャンパーのベース車としても人気で、数多くのカスタマイズカーが揃っているのは周知の通り。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ホンダN-VAN画像はこちら

 そんなN−VANは、アウトドア、キャンプ、そしてもちろんSURF & SNOWのスポーツ、フィッシングにもうってつけの、荷物をたっぷり積める外遊びに最高の軽バンというわけだ。ホンダN-VAN画像はこちら

 ベース車は、売れに売れている現行N-BOXのFF車。ホンダ独創のセンタータンクレイアウト、軽バンの世界では革新的と言える助手席側センターピラーレスのボディ構造だ。そして後席に加え、助手席まで低く沈み込ませるようにダイブダウン格納できるフルフラットフロアなど、荷物の積載だけでなく、車中泊カー、お座敷改造カーとしても大活躍してくれるほど。ホンダN-VAN画像はこちら

 元々、荷物を運ぶことに特化したNシリーズの1台だけに、前席背後の空間効率は抜群。大開口スライドドア、バックドアのどちらからもアクセスできる広大な室内空間(荷室空間)は、なんと助手席までフラットに格納でき、ラゲッジルームからフルフラットに続く最大フロア長は2635mmに達する。ホンダN-VAN画像はこちら

 サーフボートの積み込み、大型タープなどの積載は当然として、身長185cmの大柄な人でも真っすぐに寝られ、全高1945~1960mmによる天井の高さと1325mm~1390mmの天井高を生かしたお座敷にもアレンジできる、ウルトラスペースの持ち主なのである。

アクセサリーパーツが豊富に揃っている

 N−VANの外遊びに対応する魅力はそれだけではない。ホンダの純正アクセサリー部門であるホンダアクセスから、収納系のほかアウトドアや車中泊用のアクセサリーが豊富に用意されているのも注目ポイントだ。テールゲートカーテンはN−VANの車体後方にプライベートルームを作ることができるし、ウインドウ全周を覆うプライバシーシェードは、車内のプライバシーを守るのに最適な専用サイズのアイテムだ。ホンダN-VAN画像はこちら

 ハンガー、パイプ、ポールによって、車内を自由自在にアレンジ、カスタマイズできるのも、N−VANを所有する楽しみ、楽しさだ。ホンダの大容量軽自動車には、N−VANのベース車となったN−BOXもあるが、さすがにN−VANほどの大空間、というか外遊び対応のアレンジは難しいのである。ホンダN-VAN画像はこちら

 と、外遊び用のリーズナブルにして経済的に維持できるN−VANの魅力をお伝えしてきたが、ひとつ、言い忘れたことがある。それはまず、最大フロア長2560~2635mmがアレンジできるのは助手席側のみということ。運転席側のフロア長は1585mmにとどまり、荷物スペースとしては文句なしだが、身長160cm以上の人が真っすぐに横になるには適さない。ホンダN-VAN画像はこちら

 そして、N−VANがあくまで商用車であるところが露わになるのが、助手席、後席のシートの簡易シート的なかけ心地。上記のことから、ソロでのアウトドア、外遊びには最高だが、カップル、それ以上になると、途端に移動の快適性が失われてしまうのである。その点を理解して(購入前に助手席、後席に座ってみること!!)外遊びカーとして導入するべきだろう。ただし、ソロ+愛犬……といった使い方、乗車スタイルなら、もうばっちりである。ホンダN-VAN画像はこちら