世界最強を目指してNISMOが仕上げた究極のR34GT-R (1/2ページ)

世界最強を目指してNISMOが仕上げた究極のR34GT-R

この記事をまとめると

  • 中古車価格が爆上がり中のR34型スカイラインGT-Rに19台限定のレアモデルが存在
  • 2004年に1,690万円で19台だけ生産された究極の「NISMO R34GT-R Z-tune」
  • 頂点を目指したロードゴーイングカーはいかにしてこの世に生まれたかを探る

2004年に19台のみ生産されたNISMO R34GT-R Z-tuneの成り立ちを探る

NISMOの技術を投入した500ps超のコンプリートカー

「日産自動車」のレース部隊である「NISMO」は、GTなどのモータースポーツ活動のほか、生産車をベースとしたオリジナルのコンプリートカーも手掛けてきた。S14型シルビアK’sをベースとした「NISMO 270R」、R33型スカイラインGT-Rベースの「NISMO 400R」に続く第3弾が、’04年に登場した「NISMO R34GT-R Z-tune」だ。

 その車名が示すとおり、R34型スカイラインGT-Rがベース車両で、2.8Lに排気量アップされた「NISMO Z2エンジン(RB26DETT改)」のカタログスペックは“500ps以上”と謳われていた。NISMOが蓄積した第2世代GT-R(R32/R33/R34)のチューニングノウハウをふんだんに盛り込んだ集大成とも言える一台である。

 ’00年のNISMOフェスティバルで“プロトタイプ”として初公開。この時はタイムアタックマシンという位置付けで、エンジンの最高出力も600ps以上を誇っており、インテリアもロールケージが張り巡らされるなど競技車両のような仕上げで日常性は薄いものだった。当時、GT-Rファンたちの間では「コンプリートカー第3弾の500Rか?」という期待に満ちた声が聴かれるようになった。しかし、NISMOは沈黙を続けた。

2004年に19台のみ生産されたNISMO R34GT-R Z-tuneの成り立ちを探る

サーキットのみならずストリートも視野に入れた

 ところが、翌’01年には“ロードモデル”としての日常性が加味され、インテリアも本革張りの仕様に変更。またエンジンもプロトタイプの600ps以上を誇る「Z1エンジン」から、法規対応を施した500ps仕様の「Z2エンジン」に進化。いよいよ、本格的にコンプリートカーとしての道を歩み出したかに見えた。だが、そこからの道のりが長かった。

 500ps以上のパワーとトルクに対する駆動系の耐久性確認など、これまでにない慎重なテストを必要とした。そして約3年の開発期間を経て、’04年にZ-tuneはようやく発売に漕ぎつける。ただし、’02年にはベースとなるR34スカイラインGT-Rの生産がすでに終了。その結果、Z-tuneは新車ではなく走行3万km以下の極上の中古車をベースに製作/販売されることになったのだ。

日産自動車のR34型スカイラインGT-RをベースにNISMOが開発/販売した究極のGT-R「Z-tune」。限定19台のみで当時の販売価格は1,690万円! ドライカーボン製エアロやボディのフル補強など、日産ワークスがレースで培ったノウハウを惜しみなく投入した究極のロードゴーイングカーはいかにして生まれたのか!?