歴代スバル「レガシィツーリングワゴン」のベストバイは? スポーツワゴンブームを牽引した5世代を振り返る (1/2ページ)

歴代スバル「レガシィツーリングワゴン」のベストバイは?  スポーツワゴンブームを牽引した5世代を振り返る

どのモデルも魅力に溢れていたレガシィツーリングワゴンの進化ぶり

 初代が1989年に登場してから2021年に登場した新型アウトバックまで、早くも7代目となったレガシィ。つねに進化をし続け、スバルのフラッグシップモデルに君臨してきたモデルだが、一世を風靡したツーリングワゴンは5代目までで絶版となり、現在はレヴォーグにその役割をバトンタッチしている。そこで、あらためて歴代レガシィツーリングワゴンはどんなモデルであったのか? そしてどのモデルがベストだったのかをスバリスト目線で歴代モデルを振り返ってみたい。

【関連記事】27年乗り続けたトヨタ「ランドクルーザー70」に1000万円オーバー! 父から譲り受けたランクルは修復歴なし!?

初代レガシィと初代レヴォーグ画像はこちら

レオーネからバトンを託され初代レガシィがデビュー
[BF型・1989年1月発売]

 1989年1月にデビューした初代レガシィ(BC・BF型)は、それまでの基幹モデルだったレオーネから、イメージを一新する。ラインアップをAWD中心とし、スポーツモデルとしてツーリングワゴンにもDOHCインタークーラーターボを搭載したGTを設定。’90年代のRV(レクリエーショナルビークル)ブームが追い風になり、スポーツカー顔負けの走れるステーションワゴンとして注目された。

 また、レオーネまでは貨物仕様のバンモデルもあったが、レガシィではバンを廃止することで、ワゴン=商用車というイメージを払拭することに成功した。スバル(当時の社名は富士重工業)のイメージアップにも貢献した立役者だ。初代レガシィツーリングワゴンの走り画像はこちら

後期型GT-Bでスバル初の280馬力を達成!

[BG型・1993年10月発売]

 1993年に登場した2代目(BD・BG型)は、5ナンバーサイズとしたキープコンセプトながら、初代の直線基調に丸みを持たせたことで、スポーティさのなかに優雅さを兼ね備えた秀逸なデザインが人気となる。とくに後期型では当時の自主規制である280psをインプレッサWRXよりも先に達成させた。

 2L DOHCツインターボエンジンは、プライマリータービンからセカンダリータービンへと切り替わる際のトルクの段付きなどが指摘された。しかし、AWDの走破性と扱いやすいサイズ感に加え、後期型から設定された280ps仕様(ATは260ps)のエンジンを搭載したGT-Bには、ビルシュタインダンパーや当時としては大径サイズとなる17インチホイールなどを標準装備。スポーツワゴンの王者として爆発的なヒット作となった。

 ちなみにこのころは、まだワゴン=バンというイメージが残っており、各メーカーとも商用車をイメージさせる白系のボディカラーの設定がワゴンには少なかったが、2代目レガシィツーリングワゴンではイメージカラーとして「ピュアホワイト」を設定。このころは街中で白いGT-Bを目にしない日はないというほど、よく見かけたものだ。2代目レガシィツーリングワゴンの走り画像はこちら

リヤサスの形状変更でラゲッジ容量を拡大

[BH型・1998年6月発売]

 1998年には3代目(BE・BH型)レガシィが登場。車重こそ重くなったものの5ナンバーサイズのままデビューした。結果的に3ナンバー化全盛期にむしろ歓迎され、2代目からの買い替えだけではなく、新たなレガシィツーリングワゴンオーナーも取り入れた。

 パワートレーンこそ、2代目から大きく変更はないものの、指摘されていたトルクの段付きを解消するためのタービン変更をはじめ、燃費向上のための改良も随所に行われた。同じEJ20というエンジン形式ながら、別物と言っても過言ではない改良により、EJ20の愛称は2代目後期型に搭載のMASTER-4から、この3代目モデルからはPHASEIIへと進化した。

 全体的には初代に通じる直線基調へ回帰したイメージだが、2段式のHIDロービームヘッドランプ(一部グレードは2灯式ハロゲン)や、後方の視界を向上させるためのV字型のリヤウインドウなど、3代目ならではの意欲的な意匠も数多く採用。足まわりは前後ストラット式からフロントにストラット、リヤにマルチリンク式へと変更することで、ラゲッジスペースの拡大と後席のリクライニング機構を実現させた。3代目レガシィツーリングワゴンの走り画像はこちら