スカイラインR34 GT-RやマツダRX−7がバリバリの現役だった! ドリフト人気大爆発の2000年のチューニング事情を振り返る (1/2ページ)

スカイラインR34 GT-RやマツダRX−7がバリバリの現役だった! ドリフト人気大爆発の2000年のチューニング事情を振り返る

2000年後期はドリフト人気で盛り上がった

 1987~2005年に刊行されていたチューニング誌、『ヤングバージョン』を覚えているだろうか。最新のパーツやデモカー紹介にイベントリポートといった定番を抑えつつ、ビギナー向けのQ&AやDIYネタも定期的に取り上げており、免許を持っていない中高生の読者が多いことも特色だった。2000年に編集部へ配属された筆者が誌面と記憶を辿り、往年のトレンドや人気アイテムなどを振り返ってみたい。

ネットですぐ手に入りそうな豆知識企画が人気だった

 まずは初めてヤングバージョンの編集に携わった2000年の後半期を。当時はサーキットでの草レースが空前の大ブームで、それを支えたのがAE86やシルビア&180SXといったFR、またFFもEG6シビックにレビン&トレノら名車が揃っていた。どれも現在では高嶺の花といえる価格になっているが、若者が買いやすいベース車の多い幸せな時代だった。

 顔となる巻頭特集は9月号が『現役チューンド100台オーバー図鑑』で、10月号は『チューニング・スーパーQ&A』、11月号が『TUNEのウラ技&裏テク大全』だった。いずれも今なら真偽はともかくSNSや個人のブログで情報は容易に入手できると思うが、当時はインターネット上のコミュニティが未発達で、このような特集が人気だった。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

豆知識系のページ画像はこちら

ドリフトで映えるエアロやライトチューンが人気

 ヤングバージョンがドリフト推しだったこともあり、誌面に登場する車種はシルビア&180SXにスカイライン、FC3S&FD3S RX-7やAE86と後輪駆動が圧倒的に多い。ドリフト仕様におけるカスタムの方向性は裾広がり系のハデなエアロと、シンプルかつ大人っぽい上品さを前面に押し出したエアロに二極化した。

ヴェルテックスのFD3S画像はこちら

 エンジンはブーストアップやポン付けタービンのライト~ミドルチューンが主流で、S13系にパルサーGTi-RやS14の純正タービン流用もまだまだ人気があったようだ。対するライトウエイトのFFはエンジンチューニングが吸排気系くらいで、内装はすべて取り払うレーシングカー的な作りが多い。

 車種ごとの勢力図としてはシビックとインテグラが絶対王者、それに挑むのがAE92以降のレビン&トレノにスターレットなど。初代ヴィッツから始まる1500ccクラスのコンパクトカーは、発売から日が浅いせいか誌面ではほぼ見かけることがなかった。

インテグラのイメージ画像はこちら