今すぐ買える「予算100万円以下で選ぶMT車」走りも楽しく故障のリスクも少ないオススメ中古車10台 (1/2ページ)

今すぐ買える「予算100万円以下で選ぶMT車」走りも楽しく故障のリスクも少ないオススメ中古車10台

ネオヤングタイマー世代の格安MT車10選

 昨今、MT車が復活の兆しを見せている。2015年に登場した4代目マツダ・ロードスター(ND型)や、昨年はGR86&BRZ、2019年にはGRスープラもデビューしており、話題の新型フェアレディZにももちろんMT車が用意されている。しかし新車の納期が不透明な今、オーダーしたけど数カ月、いや半年以上待たされるのであれば他の選択肢も……という人も多いはず。そこで100万円以下で買えるMT中古車の魅力を探ってみたい。

モータースポーツの系譜をもつホットハッチ
「2代目&3代目スイフトスポーツ」

 筆頭は2003年にデビューした2代目スイフトスポーツだ。ベースモデルのスイフトは「オレ・タチ、カルタス」の名で知られるカルタス(海外名がスイフト)の後継モデルであり、初代スイフトスポーツはモータースポーツなどでも活躍してきた。だが、さすがに年式的にも古くトラブルを回避しながら所有するのはかなり難しい。そこで注目したいのが2代目スイフトスポーツというわけだ。

 1.6L直4エンジン搭載の2代目は、最高出力125ps(92kW)/6800rpm、最大トルク15.1kg-m(148N・m)/4800rpmのエンジンスペックを誇り、1070kgの車両重量を考えると必要にして十分以上のスペックだったと言える。もちろんパワーユニットだけじゃなく、ベースモデルに対してシャーシも強化され、モンロー製の専用ダンパーなどを採用。コンパクトカーでありながら5穴仕様の16インチ専用ホイールや前後ディスクブレーキも備えていた。

 現在の中古車価格はかなりのバーゲンプライスで30万円代から探すことができる。ちなみにチャンピオンイエローの人気が高く、ホワイトなどのボディカラーに比べると10万円程度割高な値付けとなっている。

【関連記事】英国のキャンピングカー「ベッドフォードCA」がカワイすぎる! レトロでお洒落な個性的バンライフはいかが?

2代目スイフトスポーツの走り画像はこちら

 価格重視なら2代目となるが、3代目モデルもじつは狙い目で、初期型モデルはすでにデビューから12年近く経過するモデルとなってしまうが、2010年以降の年式であることに加えて、車両本体価格は60〜100万円の個体から選び放題なのも魅力。最高出力136ps/6900rpm、最大トルク16.3kg-m/ 4400rpmのスペックは、サーキットはもちろん街乗りでの扱いやすさも増している。

日産ワークスが生んだ高性能コンパクト
「日産マーチ12SR/マーチNISMO S」

 スイフトスポーツのライバルと言えば、コンパクトハッチの日産マーチ12SRが挙げられる。この3代目マーチの開発にはオーテックジャパンも加わり、K12型に設定された12SRには、最高出力108ps/6900rpm、最大トルク13.7kg-m/3600rpmを誇る専用チューンドエンジンを搭載。高回転まで淀みなく回るエンジンは現在では貴重な存在である。

 ほかにも専用スポーツサスペンションやポテンザ製15インチタイヤ、専用エキゾーストシステムなどを採用。専用エアロスパッツ(フロントスポイラー)も装着された。モデルライフ中に細かな改良が施されたのもポイントで、2010年の販売終了まで高い人気を誇った。中古車相場は過走行車であれば20万円程度から見つかるが、低走行車の場合は60〜100万円程度のプライスタグが付けられている。マーチ12SRの走り画像はこちら

 また現行型のK13型ではニスモ製コンプリートカーのマーチNISMO Sも設定されていた。1.6L HR16DE型エンジンを搭載し、最高出力140ps/最大トルク16.6kg-mを発揮するその走りは、見た目の愛らしさとはかけ離れたスポーティさが魅力。中古車の在庫数は決して多くはないが、ボディカラーやコンディションを見極めながら、理想の個体を探し出すことができるだろう。ただし、極上モノは200万円に迫る個体もあり、100万円以下で狙うとターゲットは10万kmオーバーの過走行車となってしまう。

 それでも1.6L NAながら低回転域からトルクフルで扱いやすい専用エンジンや5速MT、専用ECUチューンや専用エキゾースト、専用ブレーキのほか、ボディ補強、エアロパーツなどの専用エクステリアも奢られていた。その内容を鑑みると100万円で手に入り、しっかりメンテナンスしながら乗り続ければ幸せなカーライフになることだろう。