真夏の炎天下に旧車でドライブは自殺行為!? 扇風機では通用しない「酷暑」の乗り越え方とは (1/2ページ)

真夏の炎天下に旧車でドライブは自殺行為!?   扇風機では通用しない「酷暑」の乗り越え方とは

オーバーヒートはもちろん熱中症にも注意した真夏の旧車ライフ

 梅雨明けと共に猛暑日が到来し、その後、梅雨が戻ってきたかのような生憎の天候続きとなったことで少しだけ過ごしやすくなったが、ふたたび夏の危険な暑さが戻ってこようとしている。あらためて説明するまでもなく、旧車にとって夏の暑さは大敵で、外気温が高いことによって寒冷時よりもオーバーヒートしやすくなるのだ。そして、車内を冷やすクーラーを装備していないことが多いため、乗員は熱中症になるリスクがあることも忘れてはならないのである。

 オーバーヒートや熱中症を避けるために、真夏は旧車に乗らなければいいワケだが、筆者が以前そうであったように旧車しか持っていない人が世の中には存在しているため、僕らはあの手この手で愛車のメンテナンス&対策を施し、猛暑に立ち向かっている。

電動クーラーキットの装着はもはや邪道ではない

 熱中症対策に関しては、素直に後付けの電動クーラーキットを装着するのがベストだろう。そしてクルマの夏のメンテとしては、オーバーヒート対策がメインとなる。旧車がニューカーとしてラインオフした当時は、そもそも現在ほど真夏の最高気温は高くなかった。

【関連記事】フィアット「デュカト」のご先祖さま「238」と「241」とは? いまキャンパー仕様やキッチンカーとして注目集まる

後付けの電動クーラーキット画像はこちら

 ということで、現在の尋常ではない暑さのなかで旧車を走らせるためにはオーバーヒート対策が必要となり、渋滞時などにいかにアイドリング時の冷却を効率よく行うかということに着目する必要がある。具体的には、ラジエター本体のオーバーホールもしくは容量アップ、冷却効率をより高めることを目的としたファンシュラウドの取り付け、ラジエターへの風の流れをしっかり確保する導風板を設けるなどの対策が有効となる。