軽カーが事故に強くなったのは本当? 衝突実験で実際に見た安全ボディとは (1/2ページ)

軽カーが事故に強くなったのは本当? 衝突実験で実際に見た安全ボディとは

かつての軽自動車とは別物の安全性能を備えている

 クルマを購入する際、価格やデザイン、走行性能とともに気になるのが安全性能。その安全性能を重視すれば、メルセデス・ベンツやボルボなどの輸入高級車、国産車でも大型のクルマに限られる……。軽自動車はやはり安全性能で見劣りする……というのは過去の話だ。

 最新の軽自動車は、価格的な買いやすさ、スーパーハイト系軽自動車に代表される下克上的室内の広さ、使い勝手の良さとともに、安全性能も飛躍的に高まっているのだ。

 クルマの安全性能のひとつの目安となるのが、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が行っている「自動車アセスメント(通称JNCAP)」の評価だ。直近では、スバル・レヴォーグ、スバル・レガシイ アウトバッグ、トヨタ・ハリアー、ホンダ・ヴェゼル、三菱アウトランダー、日産ノート/ノートオーラがベスト6に入っているのだが、なんと7位に日産ルークス/ルークスハイウェイスター、8位に日産デイズ/デイズハイウェイスターがランクイン。軽自動車でも大きい普通車を凌ぐ安全性能が確保されている時代なのである。

【関連記事】「やるぜ!! 箱根ターンパイク2022」開催! 計画より8年前倒しで実現したパラモトライダーと一緒に走るツーリングに密着

今どきの軽自動車は安全画像はこちら

151.03点以上を獲得すると最高評価の「ファイブスター賞」を獲得

 JNCAPは2020年度から予防安全性能と衝突安全性能、および事故自動緊急通報装置(8点満点/2020年度以降)を総合評価(190点満点)するようになり、より分かりやすい評価になっているのだが、そこで151.03点以上を獲得すると安全性能のお墨付き(!?)とも言えるファイブスター賞(★★★★★)となるのだ。

 ホンダN-BOX/N-BOXカスタム、ホンダN-WGN/N-WGNカスタム、そして上記の日産デイズ、ルークスも同様だ。そのほかの軽自動車の多くでも4スター(★★★★)の高い評価を得ている軽自動車が少なくないのである。

 安全性能には、衝突安全性能はもちろんだが、安全装備、先進運転支援機能などが評価される予防安全性能評価もある。そこでもホンダN-BOX/N-BOXカスタム、ホンダN-WGN/N-WGNカスタム、日産デイズ/デイズハイウェイスター、日産ルークス/ルークスハイウェイスターが先進型予防安全性能評価で100%の最高評価を得ていたりするのだ。