自宅の壁や天井が大画面プロジェクターに変身! スマホやパソコンにつないで誰でもすぐに使える「BenQ GV30」の賢い使い方とは? (1/2ページ)

自宅の壁や天井が大画面プロジェクターに変身! スマホやパソコンにつないで誰でもすぐに使える「BenQ GV30」の賢い使い方とは?

この記事をまとめると

  • BenQのモバイルプロジェクター「GV30」
  • 手軽に日々の暮らしに取りこめるのが魅力
  • お孫さんとの楽しい時間を多彩にアシスト

コンパクトで和室にもなじむソフトなデザイン

 今回、ご紹介するのは2021年のグッドデザイン賞を受賞した「BenQ(ベンキュー)GV30」。コンパクトな設計と高い投写性能が巷で大きな話題になっている最新のLEDモバイルプロジェクターです。

 専用のケースにプロジェクター本体と接続コード、専用リモコンが収納され、ケース自体もグレーのファブリックにイエローのパイピングがアクセントとなりとってもオシャレ。内部にはクッション構造を採用しているので持ち運びをしても安心です。

コンパクトな専用ケースで持ち運びも簡単

 気になるデザインは白を基調としたラウンド形状で、ひと昔前のメカメカしいプロジェクターとは比較にならない洗練されたもの。洋室だけでなく和室に置いても違和感を与えない、ソフトで親しみやすいデザインが採用されていて、その姿は小さなゲーム機のようにも見えます。専用スタンドはマグネット式となり、シームレスに角度調整できるのも大きなポイント。投写するスクリーンや壁の角度に合わせて無段階に調整でき、自動でフォーカスも合わせてくれるので、「機械が苦手……」というおじいちゃんやおばあちゃんでも、簡単に使うことができます。重量が約1.6kgと軽量でコンパクトなので、取り扱いも楽です。

和室にもなじむソフトなデザイン

セッティングは簡単でスマホやパソコンと連動もOK

 GV30のセッティングは簡単です。スクリーンまたは白い壁に向けて投写し、左右の大きさを決めます。左右が決まったらリモコンでメニューから自動台形補正を選んで調整すればセッティングは終了。ピントもオートフォーカスですぐ合わせてくれます。投写サイズは30インチから最大100インチとなり、好みに合わせて投写することができます。メニューには部屋の明るさに合わせて画像モードが用意されているので、好みの明るさに合わせてクリックすればOK。

 操作は付属のリモコンを使って行え、テレビやDVDプレイヤーと同様の感覚で使える手軽さがGV30の大きな魅力になっています。Wi-Fi(無線通信)やBluetoothを利用すれば、スマホやパソコンの画像や動画、音楽を簡単に再生できるので面倒な配線も不要。設定は簡単ですが、自信のないおじいちゃんやおばあちゃんは、この部分だけは息子さんや娘さんにお願いするのも良いでしょう。

スマホの画面をそのまま投写することもできる

ウェブコンテンツやゲームなどマルチに楽しめる

 GV30の特徴はマルチな楽しみ方ができること。Android TVを搭載しているため、Wi-Fiを介してYouTubeやAmazon Primeなどのウェブコンテンツをプロジェクター単体で再生でき、音声検索にも対応しています。簡単に言えば、大画面で映画やスポーツ、コンサートがどこでも気軽に楽しめるということ。軽量コンパクトなGV30を手に入れるだけでいつもの部屋がシアタールームに大変身しちゃいます。

Android TVで多彩なコンテンツを楽しめる

 さらに本体の側面にはHDMIとUSB-Cのポートが用意され、ゲーム機やメモリースティックの接続も可能。HDMI端子にゲーム機を接続すれば、大迫力の画面でお孫さんとの対戦も楽しめます。GV30があれば、せっかく遊びに来てくれたお孫さんがスマホや携帯ゲーム機の画面に夢中になることもなく、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒にプレイしたり、鑑賞したりすることでより絆が深まるはず。USB-C端子からは給電もできるので、遊びながらスマートフォンへの充電もできます。まさに、至れり尽くせり……とはこのことですね。

HDMI端子からゲーム機の映像も写せる

画像ギャラリー