ポルシェが設計したメルセデス・ベンツがあった! 「Sシリーズ」はレースで活躍したセレブ御用達の名車だった (1/2ページ)

ポルシェが設計したメルセデス・ベンツがあった! 「Sシリーズ」はレースで活躍したセレブ御用達の名車だった

あのフェルディナント・ポルシェ博士が設計したスポーツモデル

 メルセデス・ベンツの歴史は自動車の歴史そのものである。数あるメルセデス・ベンツのスポーツ・レーシングマシンのなかでも名車中の名車とされているのが、1927年のフェルディナンド・ポルシェ博士設計による、一連のSシリーズ・スポーツカーである。

 そこで今回は、メルセデス・ベンツ史上これ正に、真のサラブレッドと崇敬されるスポーツカーSをメインに紹介する。それには、フェルディナンド・ポルシェ博士がメルセデス・ベンツSシリーズに残した功績から紹介した方が理解しやすいので最初に記しておこう。

フェルディナンド・ポルシェ博士の功績(1875生まれ1951年没)

 1906年に30歳となったフェルディナンド・ポルシェは、ドイツのダイムラー社がオーストリアに造った子会社である「アウストロ・ダイムラー社」の技師長として迎えられた。バス、レーシングカー、航空エンジンと彼の才能は大きく花開き、こうした業績で1916年にはウィーン工科大学から名誉工学博士号を贈られている。

【関連記事】1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?

フェルディナント・ポルシェ博士画像はこちら

 そして、1923年には技術担当重役としてシュツットガルトのダイムラー本社に迎えられた。そこで造ったのが、メルセデス2L 4気筒・コンプレッサー付きのレーシングカーだ。このクルマはレースで上位を独占し、彼の名はまたたく間に高まった。1924年7月4日にはシュツットガルト工科大学からも名誉工学博士号を受けた。

 1926年6月28日にダイムラー社とベンツ社が合併し、社名はダイムラー・ベンツAG(株式会社)、本社はダイムラー社の本拠であるシュツットガルト・ウンタートウルクハイムに置かれ、車名はメルセデス・ベンツとなった。新会社の技術陣の顔ぶれは、まずハンス・ニーベル博士、フリッツ・ナリンガー博士、そして1923年ダイムラー社に移ってきたポルシェ博士という素晴らしい顔ぶれであった。

 戦後まず生産されたのが、ポルシェ博士が手がけたツーリングカー・シュツットガルト200、マンハイム350、ニュルブルク460であった。これに対し、戦時中航空機の研究により、秘かに開発が進められていた自動車用コンプレッサーを実用化した一連のツーリング・スーパーバージョンの確立でもあった。

 1926年にはすでに直列6気筒SOHC6.2Lコンプレッサー付き24/100/160HP=通称Kヴァーゲンが造られ(このKはコンプレッサーのKではなく、Kurzes Fahrgestellのドイツ語で短いシャーシの意味)、続いて1927年からポルシェ博士のSシリーズの生産が始められた。

有名なS、SS、SSK、SSKLと続くシリーズとは

 SシリーズのベースはあくまでもKヴァーゲンであるが、より低く3400mmと長いホイールベースを与え、サスペンションはリーフスプリングのリジット。パワーアシスト付き大径ブレーキ&ワイヤーホイールなどを加えた、最初のスタンダードモデルが1927年のSである。

1927年のS画像はこちら

 このSはSport(ドイツ語でシュポルト、英語ではスポーツ)の意味で、直列6気筒6.8Lコンプレッサー付き26/120/180HP(課税馬力/通常馬力/コンプレッサー馬力)を発揮。重量は2トン以上もあったが、4速ギヤボックスにより165km/hという性能を誇る。レーシングモデルは白いボディで、その伊達なスタイルは当時の世界中の若者たちの憧れの的であった。

 次の1928年SSはSuper Sport(ドイツ語でスーパーシュポルト、英語ではスーパースポーツ)の意味で、直列6気筒のボアを100mm拡げた7.1L コンプレッサー付き27/140/200HP。

 さらに1928年登場のSSKは、Super Sport Kurzes Fahrgestell(ドイツ語でスーパーシュポルト クルツェス ファールゲステル、英語ではスーパースポーツ ショートシャーシ)の意味で、直列6気筒コンプレッサー付き7.1Lは27/170/225HPを発揮。ホイールベースはSSの3400mmから3000mmに短縮し、操縦性が向上している。

 最後となる1931年に登場したSSKLは、Super Sport Kurzes Leicht Fahrgestell(ドイツ語でスーパーシュポルト クルツェス ライヒト ファールゲステル、英語ではスーパースポーツ ショートライトシャーシ、日本語ではスーパースポーツ・ショート軽量シャーシ)という意味。直列6気筒コンプレッサー付き7.1Lエンジンは27/170/300HPを発揮する。おもにレース専用のスポーツカーだったので、ボディはほとんど2座スパイダーであった。とくにシャーシはフレームの不必要な部分に軽減孔を開けるなど、徹底的に軽量化されている。

 このSシリーズは1927年から1933年までにS、SS、SSK、SSKLの4車種で、合計374台しか生産されなかった。基本設計はグランツーリスモだったが、あまりにもレースでの成績が輝かしかったため、高級グランツーリスモとしての存在感が多少薄れたような気がしてならない。

 元来、ヴィンテージエラ(時代)の高級車は、現在では考えられないほど、金に糸目をつけず世界中から最高級の材料を取り寄せ、お抱えのドイツマイスターが魂を注ぎ込んで組み上げたものだった。折しも、ドイツのユーゲントシュティール期(アールデコ)に設計されたSは、バウハウス流建築物や家具と肩を並べる名機として颯爽と登場。もちろん、インテリアも流行の服装と巧みにコーディネートされ、サラブレッドの名に相応しい高い品位と豪華な装いに仕立て上げられた。

 また、有名なフェルディナンド・ポルシェ博士が当時のダイムラー社に籍を置いたわずか5年間に造り上げた、いわば置き土産としても有名だ(1923年から1928年まで在籍)。