リニューアルした「GR86/BRZ Cup」が開幕! レギュレーション変更でパーツ開発競争からも目が離せない (1/2ページ)

リニューアルした「GR86/BRZ Cup」が開幕! レギュレーション変更でパーツ開発競争からも目が離せない

この記事をまとめると

  • 人気のワンメイクレース「86/BRZレース」が「GR86/BRZ Cup」として一新
  • 2022年7月17日に第1戦が行われた
  • 新たなレギュレーションと見どころを解説

同じクルマで競うから腕とセッティングが問われる

 ワンメイクレースとは、同じ車両で競うレースのことで、改造もほとんどできないのが特徴。その昔はAE86だったり、シビックやインテグラ、ヴィッツなどのワンメイクレースが開催され、ドライバーの腕とわずかなセッティング範囲でのアジャスト能力が問われるシビアなレースとして人気を博してきた。

 2021年まで開催されていた「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」はざっくり言うと、サスペンションはTRDで指定、バネ交換は禁止、マフラーやエアクリーナーはすべてノーマル、タイヤはプロフェッショナルシリーズ用とアマチュア向けのクラブマンシリーズ用に登録されたものの中から選択、パッドは自由でオイルも自由……と、イジれる所がわずかだった。

 プロとクラブマンの違いは使えるタイヤの違いだけで、プロフェッショナルシリーズではよりハイグリップなタイヤが使われていた。

トヨタ86のカップカー

アマチュア部門はタイヤがワンメイク化してコスト節減

 ベース車両がフルモデルチェンジして7月17日に富士スピードウェイで開幕した「GR86/BRZ Cup」では大きくルールが変わった。

 まず、クラブマンシリーズはTRDかSTI(BRZはこちら)のサスペンションを使用し、パワー系は何もイジれないのは旧ルールと同じで、ブレーキパッドは登録したメーカーのものから選択して使う方式に変更された。

 そして従来との最大の違いは、タイヤがダンロップの「DIREZZA ZIII」のみ使えるルールになったことだろう。タイヤのワンメイク化はコスト削減につながる。実際、勝とうと思うとあらゆるタイヤを買ってテストして、ときにはサーキットに何種類も持ち込んで天候に合わせて使い分けしていた参加者もいるほどで、そういったことがなくなるのは、大きくコスト削減につながる。しかもこのDIREZZA ZIIIはとくに耐摩耗性に定評あるタイヤなので、たっぷりと練習走行できるのも大きなメリットだ。

クラブマンシリーズで優勝した松井宏太選手のGR86

画像ギャラリー