トヨタ「ハイエース」や日産「キャラバン」のドライブが楽しすぎる! 運転の鍛錬にもなる商用バンの魅力 (1/2ページ)

トヨタ「ハイエース」や日産「キャラバン」のドライブが楽しすぎる! 運転の鍛錬にもなる商用バンの魅力

この記事をまとめると

  • 操ってる感が堪能できる商用バンのドライビング
  • 乗り心地は快適ではなくても開放感は抜群に高い
  • 乗り味の悪さはアフターパーツへの交換で対策できる

スポーツカーとは対極にあるものの運転が楽しいという共通項がある商用バン

 クルマの大きな楽しみのひとつにドライブがある。運転する楽しさはクルマを所有する魅力のひとつで、あてもなくドライブに出かけたり、好きなワインディングを巡るなんて楽しみ方はクルマならでは。そんなときにキーワードのひとつになるのが、ドライビングの面白さではないだろうか。ハンドリングやパワー、コーナリング性能や加速性能など、クルマの持つポテンシャルが運転の楽しさに直結するのは言うまでもない。その究極のカタチがスポーツカーだ。

 そんなスポーツカーと対極にあるクルマが商用バンであろう。 代表的なモデルはトヨタ・ハイエースや日産キャラバンなどのフルサイズ1BOXカーで、さらに日産NV200やトヨタ・タウンエースといったミドルクラスの商用バンもある。いずれも荷物を運ぶためのクルマであり、室内容積を最大限に稼ぎ出すのがこれらのクルマに課せらた使命である。しかし実際にドライブさせてみると、思いのほか運転が楽しいことに気が付く。そこで今回は商用バンを運転する楽しさについて考察してみたい。

“操ってる感”がサイコーに楽しく運転の基本に立ち返らせてくれる

 ハイエースとキャラバンを例に挙げてその特徴の一端を紹介しておこう。ハイエースやキャラバンといった全高があるボックス形状で重心の高いミニバンと比較してみる。普段ミニバンに乗っているドライバーがハイエースを運転してみた第一印象は、ポンポン跳ねるリヤの乗り味、路面からの細かな突き上げ感、コーナリング時のロール感が強いといったネガティブなものになりがちで、これがいわゆる商用バンっぽいフィーリングとなっている。

 これは、荷物を積載した際の走りを考慮してセッティングされているためなので、空荷でドライブした際に、商用バンは走りには不向きと思われてしまっても仕方がないところである。日産キャラバンの走り

 しかし、商用バンの運転は自分がクルマを“操っている”という感覚が強く、意外なことに運転していて結構楽しいのだ。後輪にトラックと同じ形状のサスペンション(リーフスプリング)が使われており、それがネガティブなフィーリングに現れているのだが、それだけに路面への追従性や旋回性能などでは乗用モデルに及ばない部分も多い。

 ただしハンドルを切ってクルマを旋回させる、ロールする車体を計算してハンドル操作を調整するといった、本来はクルマを運転するときに瞬時に考え、実践していた操作感が商用バンではよりリアルに感じられるのだ。つまりプリミティブ(原始的な)な足まわりの仕様&装備だからこそ味わえる、商用バンならではの個性的なドライブフィールと言えるだろう。いわゆるスムースに速く走らせるには、ある程度のドライビングテクニックが必要とされるのも商用バンならではなのだ。

画像ギャラリー