予算50万円以下の激安スポーツカー! 今からでも買えるドラテク修行のためのクルマとは (1/2ページ)

予算50万円以下の激安スポーツカー! 今からでも買えるドラテク修行のためのクルマとは

この記事をまとめると

  • 中古車市場も高騰している昨今
  • 予算50万円でも狙い目のスポーツカーはある
  • おすすめの激安モデル4台を紹介

マツダRX-8(5速MT仕様/2003年登場)

 50万円でもギリギリRX-8が手に入る。マツダが唯一こだわり続けたロータリーエンジンを積んだスポーツカーの最終形として、NAロータリーで登場させたのがRX-8だ。独特のエンジン音とフィール、剛性あふれるボディと、よく動く足まわりはハンドリングが素晴らしい。

 この価格で手に入るとなると、ほぼ5速MTモデルに限られる。じつは6速MTモデルとはエンジン自体の仕様から異なっていて、6速MTが前期で250psなのに対して5速MT仕様は210psだった。なのでギヤ比のつながり以前に、そもそも遅い。筑波サーキットで1分1秒とかで走っているのはもちろん6速MTモデルがベースなので、5速MTではそういったタイムは望めないのであしからず。

 それでも、最後のロータリーエンジンを味わえるだけの価値が50万円の5速MTにはあると断言する。街中の燃費も悪ければ高速道路の燃費も悪いとか、過走行車はエンジンの寿命が心配とか、ネガティブな点を挙げればきりがないが、それを補ってあまりあるドライビングの楽しさが、RX−8にはある。(※写真は6速MTモデルです)

中古車50万円の価格帯で狙えるスポーツカー4選

スズキ・スイフトスポーツ(ZC31S/2005年登場)

 初代なのか2代目なのかわからないスイフトスポーツも50万円で買える。正確には日本ではKeiベースの普通車だったHT81S型スイフトスポーツが初代で、ZC31Sは2代目だが、なぜか近年スズキがZC31Sが初代スイフトスポーツだと言い出したから、ちょっとややこしい。

 1600ccに5速MTを組み合わせたFF車で、ボディ剛性も十分。走って遊べる現代スポーツコンパクトの代表的なクルマである。ただし、50万円で買えるとなると10万km以上の物件になる。エンジンもトランスミッションもボディもタフだが、10万kmを酷使されていたらちょっと不安になるので、しっかりと水まわり、オイルまわり、ベルト交換などのメンテナンスをするのがオススメだ。

 水温管理に気をつけ、オイルクーラーを装着して油温を下げれば、サーキットで練習し放題したとしても、思いのほか各部は傷まない。パッドやタイヤの減りも少ないので、ドラテク修行車にオススメである。

中古車50万円の価格帯で狙えるスポーツカー4選

画像ギャラリー