トヨタ「プロボックス」がいまなお愛される理由とは? MT仕様はスポーツカー顔負けの走りで中古相場も高値安定 (1/2ページ)

トヨタ「プロボックス」がいまなお愛される理由とは? MT仕様はスポーツカー顔負けの走りで中古相場も高値安定

この記事をまとめると

  • 営業車として人気のトヨタ・プロボックス&サクシード
  • チューニングベース車としても一部のクルマ好きから人気
  • 初代ヴィッツがベースで豊富なパーツを流用できるのも理由

初代ヴィッツをベースに誕生し汎用性も高い

 カローラに代わって、営業車の定番となったプロサク。バン形状なので荷物が詰めるので、セダンよりも一気に人気を獲得した。そして、そんなプロサクでサーキットを走る人も少なくないのだ。

プロボックスのリヤビュー

 そもそも、プロサクは基本的にヴィッツである。マニュアルミッションのある初代プロサクは、初代ヴィッツのライトバンとも言えるモデルで、ボディもエンジンも踏襲。サスペンションもフロントはほぼ同じという構成だ。

 この初代ヴィッツがそもそも凄かった。世界戦略車として開発されたクルマで高いボディ剛性を持ち、タフな走りに定評があった。ワンメイクレースも開催され、それは現在のヤリスカップに続く道を作ったわけである。

 そんなヴィッツのホットモデルはRSで、1500ccの1NZエンジンに5速MTを組み合わせていた。同じ組み合わせでバンになったのがプロサクだ。そのため、よく走るのも納得。そこそこ元気なエンジンに屈強なボディ、結構引き締められた足まわりで、営業快速車として人気になったわけである。

チューニングパーツを流用できたのも人気のひとつ

 そして、チューニングとの親和性の高さも人気の秘訣。エンジンとトランスミッションはほぼヴィッツなため、チューニングのパーツや手法も確立されている。さらには当時ヴィッツRSのターボバージョンも存在していたため、そのパーツを流用してターボ化や、エンジンごと乗せ換える人も現れた。

 また、bB用のターボキットを流用したりと、ターボチューンも珍しくないほど進化を遂げた。ベースがヴィッツだったからこそ、パーツが揃っていたのだ。

 そこにマニュアルミッションがあるので、走りたい層の受け皿となった。エンジンはタフさには定評があり、ガンガン走っても大丈夫。マニュアルミッションなら、パワーアップをしても受け止めやすい。それなのに見た目はどうみてもただの営業車、というギャップがまた人気を獲得した。

画像ギャラリー