「パジェロ」や「エクストレイル」にハイパーモデルがあった!? モータースポーツ直系SUVのハートとは (1/2ページ)

「パジェロ」や「エクストレイル」にハイパーモデルがあった!? モータースポーツ直系SUVのハートとは

280馬力を軽々と発揮する懐かしのハイパーSUV3選+α

 SUVは大きくて重く、鈍重なクルマ……そんな先入観があるなら、いますぐ改めるべきだ。例えば新車で購入できる(納期遅れの問題もあるが……)国産SUVのなかで、ピカイチに速いのがBEV(バッテリーEV=電気自動車)の日産アリアだ。最高出力394ps、0-100km/h加速は5.1秒。この数値はほとんどスポーツカーのようなポテンシャルを持ち合わせていることを意味する。

 さらにマツダ最新のCX-60 PHEV、トヨタRAV4 PHVもかなりのハイパワーぶりを誇る。電動車ならではのアクセルを踏んだ瞬間からトルクが立ち上がる動力性能は、過激な速さではないもののスムース至極に速度を上げていくバカッ速の持ち主と言っていい。だが、過去にはガソリンエンジンで血の気が引くような加速力が自慢の強者SUVが存在した。懐かしさとともに3台のハイパーSUVを振り返りたい。

パリダカマシン譲りの大馬力&走破性が自慢
「三菱パジェロ エボリューション」

 その代表格が国産車の280ps自主規制の最中、頂点を極めた三菱パジェロ エボリューション(1997年発売)だ。パワーユニットは3.5L V6を搭載し、最高出力280ps/最大トルク35.5kg-mを発揮。トランスミッションは5速ATまたは5速MTを選ぶことができた。レカロのセミバケットシートを標準装備するほか、ボディ、足まわりも強化され、それはサスペンションやアクスル構造の変更、専用設計された1ピース構造の16インチアルミホイールにまで及んでいた。まさにパリダカなどの過酷なラリーレイドで培われたスペシャルモデルに相応しい高性能ぶりだった。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

三菱ランサーエボリューションの走り画像はこちら

巨大なインタークーラーをフロントに搭載!
「日産エクストレイルGT」

 280psと言えば、日産エクストレイルGT(2001年発売)も、クロスオーバーモデルとして、当時頂点に登りつめた1台だ。2000年代はエクストレイルが絶大なる人気を誇っていた時代で、280ps自主規制の上限となる最高出力280ps/6400rpm、最大トルク31.5kg-m/3200rpmを発揮する2Lターボエンジンを搭載。ボンネットの下に収まるインタークーラーは、当時、GT-Rに次ぐ巨大なものだったと言われていたほどで、無論、ブレーキやサスペンションもハイパワーに合わせて専用パーツが奢られた。しかも速さだけでなく走破性にも凄みを見せたエクストレイルだったのである。日産エクストレイルGTの走り画像はこちら