日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは? (1/2ページ)

日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

この記事をまとめると

  • アウトドアで使い倒せる電動SUV選びの最適解とは
  • 必須のAC100V/1500Wコンセントの装備は外せない
  • 電欠の心配がつきまとうBEV(ピュアEV)は避けたい

キャンプが快適になるAC100V/1500Wコンセントは必要不可欠

 アウトドアで電動車のを使うメリットのひとつが、アウトドアフィールド内を走行する際、EVモードで走れば排気ガスを出すことなく静かに移動できる点だ。夜間、緊急でコンビニなどに出かけなくてはならないシーンでも、周囲への迷惑は最小限で済む。

 そして何といってもアウトドアで役に立ち、キャンプでの快適性を一段と高めてくれるのが、クルマを電源として活用できる電動車ならではのAC100V/1500Wコンセントの装備だ。アウトドアやキャンプにおいて、車内外で1500Wまでのコーヒーメーカーや簡易電子レンジ、照明などを使うことができ、ワーケーションであればノートパソコンの電源を供給できるからとても便利だ。新型エクストレイルのAC100V/1500W電源

電動化の流れはSUVにも波及している。三菱のアウトランダーPHEVをはじめ新型エクストレイルはFF/4WDともにレンジエクステンダーEVを採用。どちらもキャンプで活用できるAC100V/1500Wコンセントが備わる。そんなアウトドアで使える電動SUV選びの最適解を検証する。