スズキ「エブリイ」が本格オフロードキャンパーに変身! シャコアゲ×顔面スワップの中身とは (1/2ページ)

スズキ「エブリイ」が本格オフロードキャンパーに変身! シャコアゲ×顔面スワップの中身とは

この記事をまとめると

  • 2022年8月6~7日に開催された「アソモビ2022 in Makuhari」
  • T-STYLEが出展していたエブリイのアウトドア仕様に注目
  • ダムドの「EVERY little D.」をさらにカスタム

エブリイを名車風に顔面変更するダムドの最新作「EVERY little D.」

 数年前から人気の、軽自動車の顔面スワップ。「ダムド(DAMD)」が2020年ジムニー用にリリースしたボディキット「little D.(リトルD)」は名前とスタイルから想像できる通り、イギリスの本格的な4×4モデルである先代ランドローバー・ディフェンダーをモデルとしたオマージュだ。オリジナル同様のスクエアなラジエターグリルに丸目のヘッドライト、そして四隅に配置されたスモールランプとウインカーが大きな特徴。そしてグリル上に誇らしげに装着された「LITTLE-D」のスクリプトエンブレムもアイキャッチになっている。

 そして2022年に7月にダムドからリリースされたばかりの最新作、スズキ・エブリイをベースとした「EVERY little D.」が「アソモビ2022 in Makuhari」に登場した。それも、さらにアウトドア向けにアップデートされた姿で。

T-STYLEの手でシャコアゲ・オフロード仕様に進化

 ダムドの最新作「EVERY little D.」をさらにカスタムしたのは、ジムニー顔のキャリイ「ジムキャリイ」やジムニー顔のエブリイ「ジムリイ」をリリースしている「T-STYLE」だ。足まわりは「アウトクラスカーズ」製の4インチリフトアップキットを装着。さらに純正より直径の大きい165/80R14サイズの「TOYO OPEN COUNTRY」タイヤを装着することで、車高はトータルで15cm近くアップ。ロードクリアランスもかなり確保され、悪路でもガンガン走れるオフロード仕様となっているのだ。

ダムドの「EVERY little D.」をT-STYLEがアウトドア仕様にカスタム

 リフトアップしたボディに合わせて、車体にはワイルドな装備が追加されている。フロントはバンパーを外してバーリング加工されたスキッドプレートとパイプ状のバンパーガードを装着し、これにKC HILITESの「DAYLIGHTER」フォグをセット。さらにアンダーガードを装着することでフロントまわりはかなりワイルドな印象に。本家ディフェンダーにも負けないオフロード感の強いフロントフェイスとなっている。

2022年8月6日・7日に幕張メッセで開催された「アソモビ2022 in Makuhari」。顔面スワップをした「little D.(リトルD)」のスズキ・エブリイをさらにアウトドア向けに進化させたキャンピング仕様が注目を集めていた。