「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」とは? 唯一無二のホイールデザインの「秘密」を探る<PR> (1/2ページ)

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」とは? 唯一無二のホイールデザインの「秘密」を探る<PR>

この記事をまとめると

  • チャレンジングなデザインのホイールを生み出す「クレンツェ」
  • 『VIPスタイル』が「クレンツェ」を解説
  • 「クレンツェ」の2010年からの軌跡を振り返る

「クレンツェ」の歴史はチャレンジの繰り返しだ

 スポーツカーからSUV、ミニバン、セダン、軽自動車まで、あらゆるタイプのクルマの足元を個性的に演出しているウェッズのカスタムホイール。こうした幅広いジャンルでそれぞれに受け入れられるデザインを生み出していく秘訣は、カスタマーのニーズをいち早くキャッチしてデザインに落とし込み製品化していく「マーケットイン方式」を確立しているからだ。それもカスタマーが求めているものだけではなく、半歩先行く未知のデザインのホイールを提示することで、常に独自の地位をキープしているのがウェッズである。そこで、流行の入れ替わりが激しい「VIP」の世界で、「クレンツェ」ブランドがいかにチャレンジングなオリジナルの世界観を作りあげてきたか、2010年以降のモデル変遷から紐解いてみよう。ナビゲーターは、最も「クレンツェ」を身近に見てきた『VIPスタイル』だ。

2010年:MAGISS_マジス

ベールを脱いだ、美し過ぎるホイール

 美し過ぎるホイール。果たしてこれほどまでに、美しい必要はあるのか。真っ白なベールを剥ぎ取ったクレンツェ マジスを目の前にすると、思わず、そんな戯れ言を口にしたくなるほど美しく感じたことを、昨日のように思い出す。

 マジスの見所は、どれかひとつに限定することは不可能。比較的鋳造ホイールは凝ったカタチにできるというのは知られているが、とは言え、鋳造にだって限界はある。そして、たぶん、このマジスがその限界だろう。センター、スポーク、サブスポークなど、ありとあらゆる部分にクレンツェらしい凝りに凝ったデザインが与えられている。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」

 製作時、大切にしたキーワードのひとつが足長感だ。ナットホールの内側にまでスポークは攻め込み、これ以上はないほどのスラリとした美脚を披露。特に天面をポリッシュ加工した細身のスポークは、うっとりするほど軽やかにリムへと伸びていく。

 そして、ねじり。クレンツェでは名作バスレイア以降、ヴィシュヌ・グロッサ・クリシュナで、立て続けにデザインにねじりを取り入れ、もはや、ねじりはクレンツェの代名詞になっていた。もちろん、マジスもこのねじりを継承。しかも、過去最大のねじりを投入することで、立体感、そして躍動感はクレンツェ史上最高と言ってよい仕上がりになった。オススメはSBCポリッシュだ。見る角度によって光の反射が異なり、印象がクルクルと様変わりする。マジスの良さを引き出す色だ。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」
2011年:ELABORAR_エルアボラ

2011年:ELABORAR_エルアボラ

名作・マジスをいかにして超えるか

 デビュー早々、大ヒットを飛ばしたマジス。だからこそ、エルアボラの開発チームが掲げた裏テーマは「マジス超え」だった。そのための鍵は「強いこだわり」にあると確信して開発された。ゆえに、こだわりを表すスペイン語の“エルアボラ”と名付けたのだ。超複雑な10本ツインモデルは、そのこだわりが凝縮していると言っていい。そして、初めてピアスボルトの周りにもデザインを入れたモデルでもある。この一点だけでも、エルアボラにかける思いが伝わるだろう。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」

2012年:CERBERUS III_ケルベロス スリー

まさかの復活にクレンツェ ファンが涙した逸品

 これだからクレンツェは堪らない──そんな風にファンを沸かせたのが、ケルベロスIIIである。前作となるケルベロスIIから10年の時を経て復活という演出が最高であった。デザインは当時の面影を生かしつつも、天面ポリッシュという最新技術を投入し、全く新しい表情をみせることに成功した。しかも、オーナメントもケルベロスに戻した点がファン心理をよく理解していた。立体的で贅沢なデザイン。クレンツェにとって、ケルベロスが特別であることがよく分かる。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」

2013年:VERAE_ヴェラーエ

カラーリングでも攻めの姿勢を追求

 まるで生き物のような威圧感を漂わせるデザインで話題を呼んだ。このヴェラーエに与えられた新色・ブラックポリッシュ/ブロンズクリアという色も、得体の知れない雰囲気を醸し出すのにひと役買っていた。スポークやリムなど全ての部分をデザインした究極のモデル。スポークの側面だけでも、いくつもの複雑な面で構成されており、もはや、これを言葉で表現するのは不可能なレベル。これぞクレンツェの真骨頂である。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」

2014年:ACUERDO_アクエルド

細身スポークモデル全盛時代の始まり

 シンプルだが、複雑なデザイン構成。このアクエルドを機に、クレンツェは細身のスポークモデルを4年連続で発表することになる。今では「クレンツェ=スポーク」と認識する人が多いが、そのきっかけを作ったのがアクエルドなのだ。「ストレートの10本」と「ひねりの10本」を融合したデザインで、センターキャップのギリギリまで追い込んだ、その攻めの姿勢もクレンツェらしい。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」

2015年:GRABEN_グラベン

脈々と受け継いできた3次元デザインの極致

 10本スポークとも、5本ツインとも受け取れるデザイン。天面ポリッシュでメリハリをつけ、側面には摘んだようなアールが設けられている。直線と曲線を精緻に組み合わせた技巧に注目したい。2003年のボルフェスで掲げた3次元デザインを、遂にここまで進化させた。そしてクレンツェ マニアに伝えたい「こだわり」がセンターキャップだ。このグラベンから、花柄を立体的に仕様変更。ここまでやるのがクレンツェだ。

「VIP」御用達ブランド「クレンツェ」

2016年:VORTEIL_ヴォルテイル

どことなく、歴代クレンツェとは異なるムード

 これまでのクレンツェとは異なる雰囲気を感じさせるのが、このヴォルテイルだ。いつもなら「剛と柔」の組み合わせるデザインが定番だが、本作は全体的に柔らかいラインで構成されている。まさしくセダンに相応しい高級感が魅力だ。センター周りもアール基調でまとめ、上品なムードを醸し出しているのが分かるだろう。バルブキャップにもクレンツェのマークを投入し、プレミアム感を演出している。

常にチャレンジングなデザインで「VIP」カスタマーに支持され続けてきた「クレンツェ」のホイール。その理由は、流行に左右されない唯我独尊的なデザインに秘密があった。デザインが多様化していった2010以降のモデルを振り返りつつ検証する。