新井敏弘選手がWRカーで「ラリー・ジャパン」に参戦! 2006年と2007年を制したのはいったい誰だった? (1/2ページ)

新井敏弘選手がWRカーで「ラリー・ジャパン」に参戦! 2006年と2007年を制したのはいったい誰だった?

2022年11月、12年ぶりに開催される「ラリー・ジャパン」

 2022年11月に愛知・岐阜を舞台として12年ぶりに開催が予定されている世界ラリー選手権(WRC)「ラリー・ジャパン」。その予習として、かつて北海道で2004年~2010年の間に計6回開催されたラリー・ジャパンの軌跡を振り返ってみよう。今回は2006年と2007年だ。

2006年:新井敏弘選手がWRカーで母国ラリーに参戦

 2006年のラリー・ジャパンを語るときに欠かせないトピックスといえば、なんといっても新井敏弘のWRカーでの参戦と言えるだろう。「2005年のPWRCでチャンピオンを獲得したから自分の実力を試してみたかった。もう一度、ワークスチームのマシンで、パフォーマンスを証明したかった」と語るように、新井はスポット参戦ながら、スバルワールドラリーチームの「インプレッサWRC2006」で母国ラリーに参戦したのである。

 1997年の全日本ラリー選手権でチャンピオンに輝いた新井は、1998年より本格的にWRCへの参戦を開始。1999年にはグループNで初優勝を獲得したほか、2000年にはカスタマーチームながらWRカーで参戦するようになり、アクロポリスで4位に入賞していた。その結果、新井は2001年にスバルワールドラリーチームに加入し、3台目のWRカーでWRCに参戦するものの、目立ったリザルトを残せないままチームを離脱した。そして、翌2002年からグループN車両の世界選手権、PWRCに参戦していたのである。

 2002年にPWRCに参戦するようになってからも新井は体制変更や不運が重なり、足踏み状態が続いていたが、参戦4年目となる2005年は計4勝を挙げ、悲願のタイトルを獲得していた。

【関連記事】4日目で三菱「トライトン」がトップ! トヨタ「ハイラックスRevo」が7分46秒差で追いかける!【AXCR2022現地レポート】

ラリー・ジャパンの2006年と2007年を振り返る画像はこちら

 それだけに新井がWRカーでどのような走りを披露するのか、ラリーファンの注目を集めていた。実際、ワークス復帰を果たした新井は都内の記者会見、現地ディーラーでのトークショー、決起集会など、スバルのプローモーション活動に参加していたが、ペター・ソルベルグ、クリス・アトキンソンらレギュラードライバー以上に注目を集めていた。

 しかし、当時のスバルの主力モデル、インプレッサWRC2006はハンドリングおよび冷却系統に問題を抱えたマシンで、ラリー・ジャパンでもスバル勢は苦戦を強いられていた。レグ1でエースのペター・ソルベルグにブレーキトラブルが発生したほか、新井もレグ1でクラッチトラブルが発生。さらにレグ2で足まわりのセッティングに苦戦を強いられたのだ。

 そんななかでも、「やっぱりトップ3は速かったね。それでも、やれることはやれたのでほっとした」と語るように新井は6位入賞。2000年のアクロポリスと2001年のキプロスで記録した自己最高位の4位には届かなかったが、当時は6メーカーが参戦した時代であり、マシンの実力を考えれば殊勲のリザルトだと言えるだろう。