狙うはeスポーツと実車レースのダブルタイトル!「SPK e-SPORT Racing Team」2022年の大いなる野望とは〈PR〉 (1/2ページ)

狙うはeスポーツと実車レースのダブルタイトル!「SPK e-SPORT Racing Team」2022年の大いなる野望とは〈PR〉

この記事をまとめると

  • アルパインスターズなどのレーシングギアを取り扱うSPK
  • そのSPKが2021年からeスポーツ事業に本格的に参入!
  • バーチャルとリアルを融合した新たなチャレンジに注目

アルパインスターズカップの開催を皮切りに
eスポーツに本格参戦!

 SPKは2021年から本格的にeスポーツ事業に参入。2021年6月13日に開催された『AUTOBACS JEGT GRAND PRIX 2020 Series TEAM BATTLE ROUND FINAL』では、総合優勝を果たした“TC CORSE Esport MAZDA”チーム(54号車)にalpinestars製品などの提供を行ったほか、同年9月22日にはSPKとして初のeスポーツ大会『alpinestars CUP 2021 presented by SPK』を開催した。alpinestars CUP 2021 presented by SPKにエントリーした山下健太選手

 この大会で競技委員長を務めたのは、『iRacing Advanced Mazda MX-5 Cup Div All』で2度の世界チャンピオンを獲得したTCRJAPANの加藤彰彬さん(※写真下・左。大会レポートはこちら→ https://www.automesseweb.jp/2021/11/19/827875)。同氏はレーシングチーム「TC CORSE」の代表を務めながら、スーパー耐久シリーズやロードスターパーティレースへの参戦など、まさにバーチャル(eスポーツ)とリアル(実車レース)の融合を具現化した第一人者でもある。加藤彰彬さん

 前述の通り“TC CORSE Esport MAZDA”チーム(54号車)へのサポートをきっかけに、SPKでは2021年10月2日(土)に開催された『AUTOBACS JEGT GRAND PRIX 2021 Series TEAM BATTLE ROUND 01』から“TC CORSE SPK e-SPORT Racing ”(105号車)を新たに編成してJEGTへ参戦。監督兼選手を務めた中島優太ほか、深谷 諄/菅原達也/鍋谷奏輝/佐藤陽向の5選手で挑んだ初戦では、スーパーラップ(グループA)6位、予選レース(グループA)5位に出遅れるも、決勝レースのスタート位置を決定する決勝スーパーラップ(予選)で見事ポールポジションを獲得。決勝レース1では3位に終わるが、続く決勝レース2では優勝チームに対してわずか3秒差の2位でフィニッシュ。105号車は初参戦ながら上々の滑り出しとなった。

 続く『AUTOBACS JEGT GRAND PRIX 2021 Series TEAM BATTLE ROUND 02』(2021年11月3日開催)では、スーパーラップ(グループA)と予選レース(グループA)をそれぞれ2位で終え、決勝スーパーラップでは残念ながらノータイムとなり、8番手からの決勝レーススタートが強いられた。そんななか決勝レース1で上位進出を狙うも6位でフィニッシュした105号車は、決勝レース2では起死回生の追い上げを見せて優勝チームを0.17秒差まで追いつめ、2戦連続での2位フィニッシュは決して悪くはない序盤戦となった。TC CORSE SPK e-SPORT Racing

 さらにグランドファイナルへの出場権を獲得すべく挑んだ『AUTOBACS JEGT GRAND PRIX 2021 Series TEAM BATTLE ROUND 03』(2021年11月23日開催)では、スーパーラップ(グループA)5位、予選レース(グループA)を4位で終えるも、決勝レース1のスターティンググリッドを決める1周勝負のスーパーラップで、鍋谷選手が見事なアタックを決めてポールポジションを獲得。すると決勝レース1では深谷選手が見事ポール・トゥ・ウィンを果たし、続く決勝レース2では菅原選手の渾身の走りで2位でフィニッシュ。全3戦で46ポイントを獲得し、105号車は年間ランキング4位に入ったことでグランドファイナルへの出場権を手にした。

SPKが昨年からe-SPORT事業に本格的に参入。JEGTのチームバトルでは惜しくもチャンピオンを逃すことになりましたが、そのリベンジは実車レースで果たすベくJEGTマシンのカラーリングをNDロードスターに纏い、菅原達也選手のドライブでロードスター・パーティレースに参戦中です。