どうして「レガシィ」がBMWルックに? 90年代流行した「ヨーロピアンスタイル」カスタムには理由がありました (1/2ページ)

どうして「レガシィ」がBMWルックに? 90年代流行した「ヨーロピアンスタイル」カスタムには理由がありました

90年代に注目を浴びたBMWルック

 1990年代のドレスアップといえば、ヨーロッパ車をモチーフにした内外装のコーディネイトで間違いない。なかでも人気があったのがフォルクスワーゲンとBMWをモチーフにしたものだった。そこで今回はBMWをモチーフにしたエクステリアのカスタマイズを、1995年と1997年発行のワゴニストから抜粋して紹介しよう。

BMWルックの核になるのはやっぱりフェイス!

 まずひとつサンプル例として紹介するのは、初代スバル・レガシィだ。オリジナルで製作したキドニーグリルをセットし、オペル・アストラ用の4灯ヘッドライトを移植した。サイズ的に足りない部分はFRPで塞ぎ、自然に埋め込まれているかのように演出。ホンダ・シビックシャトル用のヘッドライトウォッシャーをセットして、BMWらしいフェイスに仕立てた。

【関連記事】トヨタ「ハイエース」専用品に注目! カロッツェリアから「サイバーナビ」など新作アイテムが続々と新登場!

初代レガシィ・ツーリングワゴン画像はこちら

 ほかにBMW用のホワイトサイドマーカーなども流用。キャラクターを左右しない部分にはフォルクスワーゲン用のパーツも使っており、例えばリヤガーニッシュはゴルフ用を加工し、テールランプはオーストラリア仕様となる輸出仕様パーツを装着。一見するとコレがレガシィだとはまったく思えないほどの完成度だ。一気に輸入車ちっくに進化している。