鈴鹿60周年を記念して「グループCカー」6台が激走! もっとも快音を響かせたのは日産「NP35」だった (1/2ページ)

鈴鹿60周年を記念して「グループCカー」6台が激走! もっとも快音を響かせたのは日産「NP35」だった

往年のグループCマシンに来場者も関係者も興奮

 F1の日本グランプリや、“8耐”の愛称で知られるバイクの世界耐久選手権・鈴鹿8時間耐久ロードレースの舞台として世界的にも知られている鈴鹿サーキットは、2022年で開業から60周年を迎えました。それを記念して、今シーズンのビッグイベントでは周年記念イベントが開催されています。

 夏休み最後の週末に行われたSUPER GT第5戦では、この時期に開催されてきた真夏の耐久レース、鈴鹿1000kmなどで活躍したグループCカーなど、6台のスポーツプロトタイプカーが集合。デモランでは当時のバトルを彷彿させていました。

レーシングスポーツは、国内モータースポーツの一方の雄

 わが国の近代モータースポーツの幕開けとされているのは1963年に鈴鹿サーキットで開催された第1回日本グランプリとされています。このときはスポーツカーレースがメインイベントで、ツーリングカーやGTカーなどのロードカーをチューニングしたクラスがサポートレースとなっていました。

 翌1964年に行われた第2回日本グランプリではJAFトロフィーとして、国内で初となるフォーミュラカーのレースが行われています。

 それ以来、フォーミュラとレーシングスポーツカー、それぞれの最上級カテゴリーが国内モータースポーツを代表するトップカテゴリーとなり、両方のトップカテゴリーで活躍するドライバーこそが国内トップドライバーと認められるようになっていきました。フォーミュラに関してはF2000からF2、F3000、フォーミュラ・ニッポン(FN)、そして現行のスーパーフォーミュラ(SF)とレギュレーションの変更によってシリーズ名も変わってきましたが、いずれも全日本選手権のタイトルがかけられてきました。

 一方のレーシングスポーツですが、こちらはちょっと複雑で、例えば1970年代には富士スピードウェイが主催していた富士グラン・チャンピオン(GC)レースがトップカテゴリーとなっていました。しかし1980年代に入り1983年からは全日本耐久選手権、1985年からは全日本ツーリングカー選手権が始まると、富士GCは観客動員に陰りがみられるようになり、1989年を限りにシリーズ終了。

 代わってレーシングスポーツのトップカテゴリーとなったのが、全日本耐久選手権の主役となったグループC=スポーツプロトタイプカーでした。今回はこの、グループC時代のレーシングスポーツが6台走行。内訳はグループCが1985年のポルシェ962Cと1986年の日産R86V、1992年の日産NP35。グループC2が1987年のアルゴJM19Cと1991年のスパイスSE91C、そして1989年のマツダ767BはIMSA-GTPクラスの車両でした。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

鈴鹿サーキット60周年記念イベント画像はこちら

 6台と台数的には少し寂しい感じもするのですが、その内容としてはグループC時代を俯瞰するのに十分なモデルが集合していました。現在ではマイナー/ミドルフォーミュラでも一般的となっているカーボンファイバー(CFRP)製のモノコックですが、F1GPでは1981年にマクラーレンが初採用し、グループCでは1985年のジャガーが初採用しています。今回登場したモデルでは1989年の767Bと1992年のRN35の2台がカーボンモノコックで、ほかの4台はアルミパネルをプレスして製作したツインチューブ・モノコックを採用していました。

 グループCは搭載するエンジンの排気量や気筒数が自由なだけでなく、ターボの有無も問わず、ディーゼル・エンジンやロータリー・エンジン(RE)の搭載も自由で、規定されているのは燃料の総使用量だけ。

 今回の6台も962はフラット6のターボ、R86VはV6ターボ、767Bは4ローターのRE。C2のJM19 CとSE91Cは、2台ともにコスワースDF系の自然吸気V8で、RN35は自然吸気のV12、とバラエティに富んでいます。グループC2は当初、グループCジュニアと呼ばれていましたが1984年にはグループC2となり、それに合わせてそれまでのグループCはグループC1と呼ばれるようになりました。

 Cジュニア/C2はC1の下位カテゴリーですが、C1と同様にエンジンの排気量などは自由で、C1よりも厳しくなった燃費が規定されていたほかは、比較的自由な車両規則となっていました。C(1)/C2はFIAによるスポーツカーの世界選手権(1981年~85年は世界耐久選手権=WEC、1986年~1990年は世界スポーツプロトタイプカー選手権=WSPC、1991年~1992年はスポーツカー世界選手権=SWC)を戦うカテゴリーでしたが、北米を舞台に転戦していたIMSA-GT選手権のなかで、ほぼ同時期にほぼ似たような車両規則で戦われていたのがIMSA-GTPとIMSA-GTPライトです。

 車両規則として前者はグループCとほぼ共通していて、“キャメルライト”の愛称で知られる後者はグループC2とほぼ共通していたため、グループC(1)とIMSA-GTP、グループC2と“キャメルライト”には同じマシンで参戦することも可能でした。767BはIMSA-GTP車両としてWSPC戦のル・マン24時間に参戦していましたし、アルゴやスパイスの市販シャシーの多くはC2としてWSPC戦に、“キャメルライト”としてIMSA-GTレースに参戦していました。