いまあるホイールに「ちょい足し」カスタム! 足もとをお手軽にイメージチェンジする方法をお教えします

いまあるホイールに「ちょい足し」カスタム! 足もとをお手軽にイメージチェンジする方法をお教えします

この記事をまとめると

  • ドレスアップの第一歩はホイール
  • ひと手間かけることで、他人とかぶらないドレスアップが可能
  • イメージチェンジができるカスタムを紹介

エアバルブキャップ

 ワンポイントのアクセントに最適なのはエアバルブのキャップ。社外品なら赤/青/メッキ/チタンカラーなどの色、さらに自動車メーカーのロゴ入りやサイコロ型から、明るさセンサー付きのLEDバルブを内蔵した製品まで、予算とセンスに合わせて選び放題といっていい。純正はまったく飾り気のない真っ黒なゴム製なので、キャップ交換だけでもイメージチェンジできるはず。

ホイールナット

 同じくホイールナットも+αのカスタムには最適だ。よく見かけるのは軽量なジュラルミン製のカラフルなナットで、加工がしやすくドレスアップ向きの緻密なデザインに仕上げやすい。

 すべてのナットを同色で揃えてもいいしホイール1本につき1色で分けても、ボルト1本ごとに色を変えるなんてワザも個性をアピールするにはピッタリだ。ただしジュラルミンは熱が加わると緩みやすいのが欠点で、サーキットを走るようなクルマであればクロモリ製を使い、街乗りオンリーでも定期的に増し締めするクセを付けておこう。ひと手間かけたホイールカスタムを紹介

リムステッカー

 次はバルブやナットよりもホイールの印象を大きく変えるテクニック。ひとつはリムステッカーで名前から想像できるとおり、リムに貼り付けるだけというお手軽なステッカーだ。メーカーやブランドのロゴを印刷した小さい製品に、ホイールの径やリム幅に合わせて切った製品など、デザインもカラーも豊富に揃っているのが嬉しい。

リムガード

 もうひとつはガリ傷の防止もできる一石二鳥なリムガード。要はホイールのリムに沿って貼り付けるプロテクターで、ステッカーよりも厚みがあるため傷が付きにくいうえ、すでに付いてしまった傷をさり気なく隠すこともできる。

 ホイールバランスが取れない歪みやエアが漏れるようなケースは別として、走行に支障がないレベルの傷ならリムガードで済ませて節約するのもアリだろう。材質はシリコンが主でカラーバリエーションも非常に多い。

TPMS

 最後は「TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)」と呼ばれている、タイヤの空気圧を測定し異常があればドライバーに知らせてくれるシステム。正直にいってドレスアップとはまったく関係ない製品だが、エア漏れなどのトラブルを早期発見できるのはありがたい。

 センサーには高精度な直接式とコストが安い間接式があり、スマホのアプリと連携や温度の計測が可能になるなど、メーカーやモデルによってさまざまな特色がある。

愛車をドレスアップしたいと思ったときに、一番手が出しやすいのがホイールです。しかし、人気があるモデルは他人と被ってしまうことも多いことがあります。そこで試したいのがホイールの「ちょい足し」です。ここでは、リーズナブルで手間もかからないカスタムを紹介します。