ベントレー「ベンテイガ」と「アルピナXB7」は同じベクトル!? いましか味わえない純然たるアルピナテイストとは (1/2ページ)

ベントレー「ベンテイガ」と「アルピナXB7」は同じベクトル!? いましか味わえない純然たるアルピナテイストとは

玄人好みの仕立て

 日本総代理店ニコル・オートモビルズ社の長年にわたる尽力もあって、わが国でも絶大な人気を誇るBMWアルピナ。「洗練の極み」と称され、現代車の中では格別に「コニサー(通人)好み」と認知されているこのブランドは、実際にステアリングを握って走らせてみないと本質に触れられないクルマの最たる例と言えるだろう。

 今回はBMW「X7シリーズ」をベースとする1台、現状では本家BMW「X7」に「M」版の設定がなされていないことから、傍流ながらBMWファミリーにおける最上のSUVと位置づけられている「BMWアルピナXB7」に試乗。そのインプレッションをお届けしよう。

BMWアルピナ史上最大にして、おそらく最後となるSUVとは?

 先ごろ、かなりインパクトの強いニュースが全世界に配信された。1965年の創業以来、ボーフェンジーペン家のファミリービジネスとして、BMWの密接な関係を持ちつつ順当な発展を遂げてきたアルピナが、創立60年にあたる3年後をもって、その商標をBMWに譲渡するというものである。

 そのような激動の時代に誕生したBMWアルピナXB7は、これまでアルピナが足を踏み入れることのなかった、フルサイズのSUVモデル。今やICE(内燃機関)モデルからバッテリーEVに至るまで、数多くのSUV(彼ら流にいえばSAV/SAC)を世に送り出しているBMWにとっても最大にして最高級モデルである「X7」をベースとする。

【関連記事】納車から1年足らずで7億円に! ブガッティ「シロン」の30台限定「シュペールスポール300+」とは

アルピナ「XB7」

 アルピナの「肝」であるエンジンは、X7の最高性能版である「M50i」と同じく4.4L V型8気筒ガソリンターボながら、M50iの530psから91psアップにあたる621ps(457Kw)/5500-6500rpmをマーク。トルクも800Nm/2000-5000rpmという、現在においても驚くべき数値を得ている。

 そのかたわらで、BMW本家のスポーツ部門「M」に対するアルピナの身上として、洗練された快適さも追求されているのは間違いのないところだろう。

 近年ではかつてのプレステージセダンに代わって、最上クラスのSUVがショーファードリヴンに供されることも多くなっている。例えば、アルピナにとっては有力な仮想ライバルであろうベントレーでは、「ベンテイガ」から独立した1モデルとして「ベンテイガEWB」なるロングホイールベース版を設定するなど、オーナーの座るべき配置を後席とみなした超高級SUVが台頭しつつある。そんな現在において、アルピナはBMW X7をいかに料理したのか、じつに興味深いところであろう。

 筆者はこれまでBMW3/4シリーズをベースとする近年のBMWアルピナ6気筒モデル「B3/D3」、「B4/D4」などに加えて、V8ツインターボを搭載する「B5」や「B7」などもテストドライブする機会に恵まれ、奇跡ともいわれるシャシーセッティング、いわゆる「アルピナマジック」の熱心な信奉者となってしまっていることも自認している。

 そして今回は、実際にXB7のステアリングを握って走らせてみたこと、そして後席からかりそめのショーファードリヴンを体感したことによって、アルピナマジックが大型SUVでも健在なこと、あるいは、このモデルに込められたアルピナの熱意を、ほんの一部ながらかいま見ることができたのである。