「投稿者: 『Auto Messe Web編集部』」の記事一覧

重い荷物の出し入れも楽々! 使い勝手が抜群のラゲッジが広いSUV車TOP5

開口部の段差がないと荷物を出し入れしやすい SUVは悪路走破性だけでなく、家族や仲間と、天候、路面に左右されず、宿泊を伴ったロングドライブに出掛けるにも最適なクルマだ。そこで重要なスペック!?となるのが、荷物の積載場所、...

続きを読む...

日産自動車とオーテックジャパン「ウェルフェア2019」に福祉車両3台を出展

福祉車両も電動化と知能化に向けて技術開発 日産自動車とオーテックジャパンは、5月30日(木)から6月1日(土)までの3日間、愛知県のポートメッセなごやで開催される「ウェルフェア2019」(第22回 国際福祉健康産業展)に...

続きを読む...

欧州車の足元へ国産マルチピースホイールを履かせたい理由

カスタムシーンを牽引する日本の老舗ブランド 自動車カスタムの王道といえるホイール交換。国産車に欧米ブランドを履くことはあっても、逆にインポートカーで国産ホイールを選ぶユーザーは少ない傾向です。事実、ドレスアップした欧州…

続きを読む...

トヨタ新型スープラのマットグレーが「24台」しか販売できない理由

塗装が特殊で24台が限界 5月17日より販売を開始したトヨタ新型スープラ。ボディカラーは全8色を用意するが、32万円のオプションカラー「マットストームグレーメタリック」は、6月14日までのWEB限定受け付けとなっている。...

続きを読む...

毒キノコにカタツムリ! 昭和のクルマ好きが使った旧車パーツの愛称5つ

見た目からイメージして呼んでいた 自動車部品の名前は正式名の他に、見た目のイメージからユニークな呼び名がいくつかある。それらの中から、昔からクルママニアが使ってきたフレーズを5つピックアップしてみよう。・タコ足 タコ足と…

続きを読む...

1 / 355123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...