「投稿者: 『Auto Messe Web編集部』」の記事一覧

「古い車の税金が高い」は正しいか否か、厳しい日本の税金制度が意味するもの

旧車増税は日本だけの制度ではない 日本において車齢13年以上のクルマは自動車税や自動車重量税が重課される。いわゆる「旧車増税」と呼ばれる制度だ。これについて「古いものを大切にしないことを政府として良しとするのか」と憤る声.…

続きを読む...

    愛犬との旅行に最適な輸入車の条件とは? ワンコとの実証テストと数値で徹底分析

    後席の空調環境はワンコにとって重要ポイント ワンコとの旅行に最適な国産車10選に続き、今回はワンコとの旅行に最適な輸入車をお届けしよう。筆者はモータージャーナリストにして、ドッグライフプロデューサーとしての活動も行ってい.…

    続きを読む...

    「自動車税の納税猶予」検討されている可能性は?【新型コロナウィルス対策】

    自動車税コールセンターに聞いてみた 毎年「4月1日時点の所有者」に納税通知書が届けられる『自動車税』。旧車や大排気量車のオーナーにとっては金額が大きいだけに頭の痛いところだが、今年は新型コロナウイルスの影響で中小企業や自.…

    続きを読む...

    山椒は小粒でもぴりりと辛い! モータースポーツで勝つために生まれた軽自動車&コンパクトカー5選

    いまのクルマにはない”じゃじゃ馬”を操る爽快感 近年はダイハツのトール系を中心に、コンパクトなボディながらも広大な車内スペースを持つ軽自動車やコンパクトカーが人気だ。しかし、レースにジムカーナにラ...

    続きを読む...

    第2世代の日産GT-Rオーナーに朗報! マスターキーからミッションまで「NISMOヘリテージパーツ」追加発売

    第2世代GT-Rに向けてアイテムを充実化 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)は、日産スカイラインGT-R(BNR32、BCNR33、BNR34)用の「NISMOヘリテージパーツ」を追加発売すると...

    続きを読む...

    四十路以上のおじさん感涙「昭和&平成の自動車デート文化」クルマ選びからドライブインシアターまで

    クルマは男女の遊びで欠かせないツール「若者のクルマ離れ」という言葉は聞き飽きた感じで、もはや世代間に格差ありあり。それはそれでいいとして、じゃあ、それ以前でのクルマの扱いというか、存在ってどんな感じだったのだろうか。別…

    続きを読む...

    1 / 572123...102030...»