「戸塚正人」の記事一覧

戸塚正人による記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    鳥のフン害に憤慨! たった1時間放置しても危険! クルマの「お肌」を守る方法とは

    わずかな放置が招いた最悪の事態 黒い塗装色のクルマを所有していた時のことだ。高速道路のパーキングで一服してクルマに戻ると、ボンネットの上になにやら白と緑、2トーンの粘性の物体……鳥のフンだ! 傷や汚れが目立ちやすい色だっ...

    続きを読む...

      知らぬ間に「ハイビーム」で煽ってる? 「配光不備」が巻き起こす「厄介なトラブル」とは

      上向き・下向きの切り替えは適時 ヘッドライトの照射を上向きにしたハイビームは、夜間、暗い郊外路や山道などで遠くまで照らして視界を確保するためのもの。道路交通法・第52条で「夜間走行時は原則ハイビーム。常時ロービームは違反.…

      続きを読む...

        洗車の神様は「細部」に宿る? 仕上がりを左右する「水滴」という大敵

        洗車の仕上げは実は「細部」が一番重要 洗車でスクラビング(ボディをこすって汚れを落とすこと)と同等に大事なのが、すすぎの際にボディに残った水滴の除去=拭き取りだ。残った水滴は、水ジミや水アカ、ウォータースポットの原因。…

        続きを読む...

          洗車の大きな「勘違い」! 水分は「拭く」ではなく「吸い取る」が正解だった

          洗車を効率的に行う「時短術」 カーシャンプーを併用するなどして汚れを流し終えた後のボディにのった無数の水滴は、水ジミやウォータースポットといったトラブルの元凶。素早い除去が求められる。ここでは、とくに作業効率アップのた…

          続きを読む...

            愛車を労わるつもりが逆効果に! 「よく晴れた日に洗車」がNGな理由

            ピーカンの日もじつは洗車指数は最低 筆者は自宅の水道からホースを引っ張ってきて洗車する手洗い派だ。もっとも気になるのは当日の天気。もちろん、雨が降っていたり、降りそうだったらあきらめる。が、逆にピーカンにも憂鬱な気分に…

            続きを読む...

            「サンキューハザード」「ごめんねハザード」いる? いらない?

            長距離トラック同士のローカルルールが発祥 いまなら間違いなく煽り運転だろう。15年ほど前のことだ。高速道路を降りて一般道に合流した直後、うしろから小型トラックが進路をふさぐかたちでかぶせてきた。「マジかよ!!」驚いて急ブ...

            続きを読む...

            女性たちのホンネ「男性の運転マナーでグッとくること、ガッカリすること」

            クルマの運転は人の本性を映す鏡 女性に「好きなタイプの男性」を聞けば十中八九返ってくる答えが「優しい」人。この「優しい」は、運転中のマナー/モラルでも同じことがいえそうだ。優しい運転、優しくない運転、それを敏感に感じ取…

            続きを読む...