「コラム」の記事一覧 - 30ページ目

さらに車種で絞り込む:

【DIY】錆の温床となる「すき間」をモールで埋める!

断面が三角形だからフィット感バツグン耐候性に優れる両面テープ付き車種によってサイドウインドウとボディ、エアロパーツとバンパーなど、意外とクルマのパーツとパーツの接合面にはすき間が開いています。洗車や降雨の後など、そんな…

続きを読む...

「シャコタン」の正しい”段差”クリア術

大敵「段差」は見極めが肝心!無理せず最適なアプローチを街中での遭遇率が高いのが店舗前の段差。見知らぬ土地で入れるコンビニを探すのに苦労したという経験も持つシャコタンオーナーも多いはず。しかし、ポイントさえつかめば、クル…

続きを読む...

純正エアサスの車高をスマホでコントロール!

iPhone版に続きAndroid版が登場スマホで車高の上げ下げができる純正エアサス車の車高を自在に上げ下げできる「データシステム」のエアサスコントローラーは、最新の『ASR682』でついにスマホで車高調整が可能になった...

続きを読む...

「シャコタン」に初挑戦!何を気をつける?

ただ下げるだけならダウンサスレベルアップするなら最初から車高調だ何の対策もしないで低車高のまま走ると、確実に車体をダメにしてしまう。そんな失敗をしないためにも、事前のセッティングが重要だ。ひと言でシャコタン(車高を下げ…

続きを読む...

ナニコレ珍車景「アメリカで見付けた不思議車」【セマショー】

10月31〜11月3日にアメリカ・ラスベガス開催された「セマショー」。アフターパーツマーケットのビッグイベントなのだが、そこには「ありえない」というクルマというか、さすがアメリカ人という感覚でカスタマイズされたクルマが登...

続きを読む...

意外と勘違いしている「駐車違反」の常識

通行の邪魔にならないように歩道に乗せたら駐車違反!通行の邪魔になるからと、駐車禁止ではない道で歩道に半分クルマを乗せて駐車。こんな経験はないだろうか?ところが、しばらくしてクルマに戻ってくると、駐車違反のステッカーが…….…

続きを読む...

【売れ筋ランキング】コート剤はカンタン施工で効果も多様化

手軽にツヤツヤは必須条件付加価値をじっくりチェックカー用品店「オートバックス」の売れ筋ランキングにおけるコート剤の上位の顔ぶれをみると、共通しているのは簡単/スプレーするだけ/拭くだけ、というウリ文句の商品が並んでいま…

続きを読む...

クルマを蝕む「錆」は小さくても早期対応を!

平成初期のクルマは要注意!意外にもボディの中は錆びている高温多湿の我が日本で、一台のクルマを長く愛するための最大の敵は、錆(と税金)。自動車メーカーの防錆技術も年々向上していて、昭和のクルマはよく錆びたが、平成以降のクル.…

続きを読む...

なぜ過走行車はエンジンの調子がよいのか

使用頻度の低いクルマは要注意!始動時がエンジンをもっとも傷付ける「大切なクルマだからあまり乗らない」というオーナーがいる。確かに、使えばクルマは減る。かつては自家用車の寿命は10万kmと言われていた(最近は景気が悪いから...

続きを読む...

日本人の繊細さは「シャコタンの乗り方」にも表れる【動画】

躊躇はするけどガリガリ搬出する海外イベント日本人は方向転換までしてクルマを守る!日本に限らず海外でも、イベント会場の出入り口には段差があるようです。そんなところをシャコタンで通過する様子の動画を見ていると、いかに日本人…

続きを読む...

派手さは狙わず「51フーガ」でシンプルさを追求する若き20代オーナー

一度は諦めた目標に向かって再び歩み出す2台目の51フーガで街を走れるという悦び誰もがトヨタやレクサスに走るから、その逆を行くカタチで日産車を選んだオーナー。今までの日産らしからぬ洗練されたシルエットの51系フーガを、大人...

続きを読む...

30 / 41«...1020...293031...40...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング