「チューニングカー>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

日産 R33 GT-Rに存在した「オーテック/400R/LM」という特別なモデルたち

第2世代で唯一のセダンやワークスコンプリートなど、BCNR33の代にあった特別な3モデルあまりにも偉大だったスカイラインGT-R(BNR32)を越えたことを証明するには、数字で見せるしかない。「大きくて重い」と言われたB...

続きを読む...

「ACシュニッツァー M5」開発完了間近か!? ニュルでの目標タイムをヨルグ・ミュラーがクリア

700HPを発揮するモンスターマシン、ヨルグ・ミュラーが好タイムを叩き出す BMW M5をベースにチューニングモデルの開発を進めている「ACシュニッツァー」。先頃、最終段階のテストがドイツ・ニュルブルクリンクの...

続きを読む...

アメリカでSUBARUを愛するオーナーたちのあつ〜い1日を密着! 

ご自慢の“スビィ”に乗って西海岸のスバリストが集まった北米でも人気急上昇中のSUBARU。それだけに、日本に負けず劣らず、熱〜いSUBARUファンが多数く、各地でファンミーティングも開催されているという。今回はそのなかの...

続きを読む...

ホイールベース短縮でサーキットを征服したGT-R 「ハコスカ」はこんなクルマだった

コンピュータを使って車体設計コンマ1秒を削るための偉大なる努力ロータリ―勢の台頭を予感させた昭和45(1970)年。その年の10月に、ライバルを突き放すべく登場したKPGC10。卓越したエンジン性能のみならず、運動性能、...

続きを読む...

この性能はやめられない!日本のチューナーが調律する禁断の「BMW M POWER」

ビッグタービンで下克上爽やかにM4をカモれ!BMWといえばドライブすることが楽しくなるドライバーズカー。メーカーのキャッチコピーにもあるように”駆けぬける歓び”を堪能できるクルマだ。その中で、特に性能の高さで魅力的なクル...

続きを読む...

アウディのハイパフォーマンスモデル「S&RS」に捧ぐ高性能エキゾーストシステム

車種限定というニッチに攻めたエキゾーストシステムこそ性能はハイグレード価値のあるモノ作りを徹底する新鋭ブランド『irom(アイロム)』が誕生。もう妥協はしたくないという人にも存分に満足してもらえるための取り組みが製品に反...

続きを読む...

1 / 4123...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...