「ブレーキまわり>セダン」の記事一覧

「ブレーキまわり」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

自動車カスタムのお手本はレースにも! GTマシンから何を学ぶ? 注意すべきポイントは?

保安基準に適合したパーツ選びは必須 オーバーフェンダーやGTウイングといったエアロパーツ、さらにブレーキ系やインテリアなどなど、レースから生まれたクルマのカスタマイズは意外に多い。その代表的なアイテムを車検や安全面の話も.…

続きを読む...

高性能車に採用されているブレーキローターの「穴」や「溝」のメリットとは?

走りによって受ける大きな恩恵 高性能スポーツカーや社外品で見かける、穴が開いていたり溝が切られている「ブレーキローター」。ディスクブレーキの場合、このブレーキローターをブレーキパッドで挟み込み、その摩擦によって運動エネ…

続きを読む...

ホイール汚れの原因「頑固なブレーキダスト」の除去方法と予防策

鉄粉を放っておくのは危険行為 クルマ好きならば気になるのがホイールの汚れ。いくらボディをキレイにしてもホイールが汚いと全体のイメージは美しいと言えない。今回はキレイに保つ方法だけでなく、汚れの原因となる「ダスト」そのも…

続きを読む...

ブレーキパッド&ローターの「使い切り」は危険!交換時期の正しい目安とは

ブレーキパッドの残量が半分以下になると摩耗スピードは二次曲線的に早くなるブレーキパッドやブレーキローターは、新品時の半分以下まで摩耗すると制動時の熱がブレーキキャリパーやブレーキフルードなどに伝わりやすくなり、ベーパー…

続きを読む...

旧車だって大丈夫!ディクセルのブレーキはあらゆるクルマの「停める」をサポート

ブレーキ&ローターをリーズナブルに!!70年代にまで遡る旧車の救世主が現る国内のみならず、すでに世界的にブームを巻き起こしている最近の旧車人気。現代のクルマでは味わえないノスタルジックでヴィンテージな魅力に“旧車に乗りた...

続きを読む...

【知ってる?】ブレーキオイルの交換サイクルは”最長2年”毎

潤滑や洗浄などで消費はしないが時間とともに劣化するブレーキフルードエンジンオイルやミッション、デフのオイルの交換サイクルは気にしていても、意外にも見落とされているのが「ブレーキフルード(ブレーキオイル)」。潤滑や洗浄な…

続きを読む...

ホイールのダストはパッドではなく「ローターの削れカス」って本当?

比重の重い鉄粉がホイールに付着アルミに突き刺さり錆に変質するホイールにこびりつく黒い汚れ。とくにヨーロッパ車は、その汚れ方がハンパない。洗車しても、少し走れば薄らと黒い膜がホイール全体を覆っている。この汚れの原因はブレ…

続きを読む...

ブレーキローターの溝(スリット)の効果とは

スリット付きブレーキローターは摩擦係数が高く制動力がアップ!スポーツカーや社外パーツでも採用されるスリット(溝)付きブレーキローター。見た目がスポーティなだけでなく、この溝が摩擦係数を高めるなどブレーキ性能をアップさせ…

続きを読む...

1 / 3123