「FOOT WORK」の記事一覧 - 10ページ目

さらに車種で絞り込む:

ハイドロ&エアサスのハイブリッド仕様でハイエースの車高を自在にコントロール

スタイリッシュなフォルムはもちろん安心して使える足回りの秀作トヨタ・ハイエースに強い実力店「キッツレーシング」が提案する新サスキットは、仕事現場に難なく行ける実用性と、上げたい時に上げ、下げたい時に下げられる利便性を両…

続きを読む...

あなたのクルマもこれで変わる!!「テイン」ショックアブソーバに新規車種用が続々!

ハイエースには純正形状ダンパーをR32GT-Rにはお手頃サスキット、乗り心地重視な車高調はKカーを中心に設定国内はもとより、海外でも人気の高いサスペンションブランド「TEIN」。モータースポーツや、一般ストリート走行で集...

続きを読む...

ドイツの名門「KW」、アルファードとヴェルファイアの潜在能力を引き出すサスキット発売へ

減衰力は伸び側/縮み側に独立調整可能。欧州スポーツのごとく逸脱な乗り味を発揮する車高調といえば、ダウン量重視のモデルや10万円以下で買えるものなど、バリエはじつに豊富だ。 ダウン量、乗り心地、価格など、人によって求める性...

続きを読む...

【知ってる?】走りと快適性アップに効く「補強パーツ」の役目と効果

タワーバー、フロアバーの補強系…ミニバンのボディ剛性が高まるとどうなる!?人や荷物がたくさん積めて、使い勝手バツグン。着座位置が高くて視界も広く、ボックス形状だから運転もしやすい実用的なミニバン。しかし、走りの面ではアダ...

続きを読む...

【三菱だもの!】アーバンになっても似合ってしまう「アゲ系スタイル」

アウトランダーに泥臭さは必須!?「KADDIS」提案のリフトアップ後期型になってさらに都会的なイメージへと刷新された三菱・アウトランダー。キャラは異なるものの、ライバルのトヨタ・ハリアーやマツダCX-5と比べてもスタイリ...

続きを読む...

貴方の「モデリスタ」に刺激を与えるスポイラー登場【SARD】

ヴェルファイアのフェイスを攻撃的にライバルとの差別化にも最適!オプション装着として人気の「モデリスタ」といえば、ヴェルファイアでも圧倒的な装着率を誇る。そのために街中での遭遇率も高く、「せっかくエアロをつけたのに、差別…

続きを読む...

10 / 22«...91011...20...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  5. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...

  10. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...