「メンテナンス」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

スパークプラグの交換サイクルが10万km以上に延びた理由とは

白金プラグやイリジウムプラグだからとすべてが交換サイクルが長くならないキャリアの長いクルマ好きなら、スパークプラグは、定期交換が必要な部品だったという認識があるはず。かつては、1万kmも走れば交換していたはずだ。ところが...

続きを読む...

災害時の非常灯としても使える広範囲を照らせる作業用『LEDライト』

最高レベルに近い優れた防塵防水性と狭いところにも差し込めるスリム設計クルマのメンテナンス時の作業灯から懐中電灯、吊り下げてランタンとしても使えるのが「MSネット」の『Elut LEDスリムライト』と『Elut LEDハン...

続きを読む...

ガンコなブレーキダストを除去できる輸入車に最適なホイールクリーナー

バツグンの洗浄力でダストやタールを溶解目的別洗浄剤とコーティング剤を設定する輸入車や国産スポーツカーなど、高いブレーキ性能を持つクルマのホイールはダストで汚れやすい。そのダストの原因は、ブレーキパッドによって削られたロ…

続きを読む...

整備不良で捕まらない「正しい車高ダウンの基準とは」

1995年の規制緩和でサス交換が認可申請なしで車高を変更できるようになった合法的な車高は最低地上高が90mm。しかし、この高さはどの部分を測定した数字なのか?じつはバンパーや足まわりの可動するロアアームなどは、この数値を...

続きを読む...

第2世代「スカイラインGT-R」のヘッドライトを明るく美しく甦る!! 【R’s Meeting 2018】

窓枠の悩みを解決する救世主も登場!第2世代の泣き所をリフレッシュするGT-Rオンリーの祭典「R’s Meeting 2018」では、ヘッドライトまわりを中心としたスカイラインGT-R用パーツも多く展示されていた。なかでも...

続きを読む...

「有鉛ガソリン車」に無鉛ガソリンを入れても走れるの?

エンジンのノッキングを防止するためにガソリンに鉛混入してオクタン価を高めたその昔、ガソリンスタンドでは「有鉛ガソリン」と「無鉛ガソリン」が併売されていた時期があった。じつは、1972年3月までに発売された国産乗用車は、有...

続きを読む...

ヘッドライトの黄ばみは「溶かしてクリアにする」新発想の施工メニュー

話題の洗車ケミカルを展開する「スパシャン」が透明感を長年キープできるメニューを展開“洗車感覚のコーティング剤”や、“光沢 or 撥水を好みに調整できるケミカル剤”など、これ...

続きを読む...

エーモン「オイル&バッテリーのメンテナンス用品」がより便利にカッコよく

さらなる安全性と効率を追求したDIY必見の全29アイテムを展開DIY向けに数々のアイテムをリリースする「エーモン」は、クルマのエンジンオイルおよびバッテリー交換などのメンテナンス時に便利な新製品29アイテムを発売した。オ...

続きを読む...

1 / 24123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...