「エクステリアパーツ」の記事一覧 - 10ページ目

さらに車種で絞り込む:

「古臭い」がオシャレ!! 見た目はクラシカルでトラブル知らずなカスタム提案

近年のクルマをあえての旧車ルックに変身そんな”ゆる〜い”カーライフはいかが!?この数年、人気を高めているのが旧車。現代のクルマにはない古き良きスタイリングやメカニズムは、その価値を大きく高めてきた...

続きを読む...

上級カスタマイズ「フェンダー加工」のギモンにお答えします!

ワイドフェンダーにはどんな種類があるの?予算は? 注意すべき点は?などを解説クルマのボディを大きく見せ、インパクトをもたらすフェンダーのワイド加工。ドレスアップカーが集まるイベント会場で高い注目度をゲットできる、究極の外…

続きを読む...

前期型アルファード&ヴェルファイアの「後期ルック」に挑戦してみた

リアまわりの後期ルックは実現可能!配線作業や価格など詳しく解説運転支援機能が充実した後期型のアルファード/ヴェルファイアは、さらなる迫力を手に入れた外装も含めて進化を遂げた。そこで、前期型オーナーにとって気になるのが後…

続きを読む...

イメチェンに効果的!! 手軽にできる「簡単ペイントコーデ」7例

自分でできる「スプレーフィルム」は劣化した純正樹脂パーツにも有効!パーツの自家塗装は、ハードルの高いDIYだと思う。なにしろ塗装は、失敗してしまったら、最初からやり直すのに恐ろしく手間がかかる。ところが、そういうユーザー...

続きを読む...

「ボディの小キズは貼って消す」というお手軽シートがまもなく登場

小さな擦れを目立たなくする透明の汎用シートを独自開発ヘッドライトのくすみやキズを消せるという画期的シートを開発した「ハセ・プロ」。この『マジカルアート・リバイバルシート』は、ヘッドライトの経年劣化に悩むDIYオーナーの間...

続きを読む...

「ハイエース・注目インテリアメイク第1弾」オーダーカラー&素材で作り上げるアメリカンスタイル

手数を抑えてセンスで仕上げたリフトアップ×アメリカンスタイル!商用車ベースゆえ簡素な内装となっているトヨタ・ハイエース。だからこそ、インテリアのカスタムは多種多様でそのスタイルは様々である。そんな中、長年コンプリートカー…

続きを読む...

10 / 48«...91011...203040...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...